ptzh-CNenfritjakoruesvi

和田竜光が日本で開催された「RoadtoONE 5th:SexyamaEdition」でボーナスを獲得。 結果を確認する

 5年5月2021日(火)、東京都渋谷区の蔦屋大東で「Road to ONE 300.000th:SexyamaEdition」が開催されました。 このイベントは、コメントブースの議長を務めたUFCのベテラン秋山成勲へのオマージュでした。 カードで一番おかしな戦いをする人には、2.700万円(XNUMX米ドル)の「セクサマボーナス」も用意されていた。

「スケジュール」の「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、和田竜光(元「DEEPインパクト」チャンピオン)と竹中大一(元「修斗」バンタム級チャンピオン」の間でMMAの戦いが見られました。 )。

戦いは「スワッピング」エリアで始まり、和田が竹中の足を蹴り、左の「クロス」で報復した後、相手の足の内側を蹴った。 現在「ONEChampionship」の「Squad」に所属しているアスリートは、「ストライク」(左「フック」と「ストライク」)に応じて竹中が和田の体にキックを送り、「スワッピング」に投資を続けた。 「クリンチ」から「接続」されていたアッパーカット)。 この最初のラウンドでは、「白兵戦」の瞬間も取り上げられました。

ファイターは第XNUMXラウンドの開始時にパンチとキックに投資し続けましたが、和田が対戦相手を取り戻すというグラウンドゲームも開発しました。 彼は最終的に底に着き、三角形に合わせようとしているときに肘を着地させました。 竹中はまた、ラウンドの終わりにしっかりとした地面とポンドで相手を罰するという良い仕事をしました。

第2ラウンドと最終ラウンドは、和田がシングルレッグドロップ(シングルレッグとも呼ばれる)で相手を倒そうとしたところから始まりましたが、竹中はしっかり守っていました。 シーケンスでは、和田は相手をケージのグリッドに押し付け、地面に倒しました。 クリンチで体を打った後、もう一度竹中の背中を掴むことができたが、竹中はなんとか身を守り、チョークの試みを避けた。 その後、竹中はなんとかポジションを失い、和田のガードから戦いが終わるまで土地を吹き飛ばしたが、和田も下から活動を続け、分割決定(1-XNUMX)にもかかわらず、勝利を保証するのに十分なことをした。

その結果、和田は秋山成勲自身から手渡されたレスリングバッグに加えて、300.000万円(2.700米ドル)の小切手を確保した。 「セクスヤマ」ボーナスを獲得した後、和田はMMAの記録を23-11-2に改善し、竹中は13-3-1に落ちました。

カードの「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)は、「グラップリング」のルールの下で行われた青木真也とデバナ修太郎の試合でした。 規定時間の終わりまで誰も提出することができなかったので、対立は引き分けで終わった。

「RoadtoONE 5th:SexyamaEdition」の結果をご覧ください。

ONE 5thへの道:Sexyama Edition
05 10月2021
蔦屋O-East
渋谷、東京、日本

MMA:和田竜光がXNUMXラウンド後に分割決定で竹中大一を破った
グラップリング:青木真也vs出花修太郎が通常時間切れで引き分けに終わった
総合格闘技:小野島幸太がXNUMXラウンドで全会一致で山本誠吾を破った
総合格闘技:山本そらがXNUMXラウンドで野尻靖之を全会一致で破った
MMA:第1ラウンドの05:XNUMXに提出(ひざ)で須藤琢磨が楓原桐人を破った
総合格闘技:川奈正人は第3ラウンドの54時XNUMX分に提出(裸絞め)で新関武樹を破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 08 / 10 / 2021で書かれています
_
キャプション:和田竜光がカードで最高の戦いのために「Sexyama」ボーナスを獲得しました。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)ゴング格闘技|(C)ゴングマーシャルアーツ|(C)ABEMA TV |(C)ONEチャンピオンシップ|(C)修斗|(C)サステイン|パブリシティ)。

キャプション:和田竜光が秋山成勲から受賞。
下の写真:(クレジット|礼儀:(C)ゴング格闘技|(C)ゴングマーシャルアーツ|(C)ABEMA TV |(C)ONEチャンピオンシップ|(C)修斗|(C)サステイン|パブリシティ)。

*注:すべての著者の主題は無料で配布されます-無料の配布-スポーツ情報*

和田竜光優勝ab834

 

土曜日に日本で開催された「RizinLandmarkvol.1」の結果をご覧ください

それが今日の最もクリエイティブな総合格闘技のプロモーションであることの証拠として、2年2021月1日土曜日に日本の首都東京の「地下」の場所で新シリーズ「RizinLandmarkvol.XNUMX」を開催したRizinFF。
このイベントは日本のストリーミングサイト「U-NEXT」で「ライブ」で放送されましたが、「ペイパービュー」の配信に問題があり、試合開始が1時間遅れました。
不幸は、リジンFFCEOの榊原信行から謝罪を促した。

「U-NEXT」のスタッフも公に謝罪し、すべての戦いを見ることができなかった顧客に返金が行われることを保証しました。
ファンは「ペイパービュー」システムの「RizinLandmarkvol.3.800」を見るために35円(1米ドル)を支払いましたが、多くはすでにアニメのコンテンツを配信する「U-NEXT」プラットフォームの顧客でしたフォーマット、西部劇、さらにはポルノなどのジャンル。
これは「U-NEXT」のスポーツイベント放送の最初の経験のXNUMXつでしたが、新しい榊原シリーズとのパートナーシップを維持し、今後「同様の挫折」が発生しないようにあらゆる手段を講じることを保証する予定です。

カードの「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、人気のある「YouTuber」朝倉未来が15ラウンド後に審査員の満場一致で萩原恭平を破るのを見ました。 勝利により、朝倉は3-4に向上し、対戦相手は4-XNUMXに低下しました。
戦いの後、朝倉は彼の「元対戦相手」のクレベル・コイケ・エルブストと斉藤豊に再戦を挑んだ。

「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)では、MMAの新人鈴木博昭と「がん竜島」のベテラン奥田啓介が参加しました。 「スワッピング」の戦いで敬意を表するカルテルで、ONEチャンピオンシップでムエタイとさえ戦った鈴木は、キックで相手を攻撃して戦いを始めました。 奥田は鈴木をテイクダウンしようとしたが、頭にひざまずき、相手からしっかりとした「地面とポンド」で罰せられた。
鈴木は第XNUMXラウンドで印象的な勝利を収め、奥田は総合格闘技の「統一されたプロ」のルール(ネバダ州アスレチック委員会によって課されたもの)でXNUMX度目の敗北を喫しました。 「がん竜島」での彼の以前の勝利は、フランチャイズの「カスタムルール」の下で行われた戦いでした。

別のラインナップの戦いでは、今成正和(39-20)が、まだ第26ラウンドにある春日井武(9-XNUMX)にアームバーを提出して、勝利の道に戻りました。

渡辺翔太(23-6)も「同様の」結果を得て、内藤コキ(9-6)をまだ最初のラウンドでチョークで提出した。

「RizinLandmarkvol.1」の結果をご覧ください。

リジンランドマークvol.1
02 10月2021
(場所は通知されません)
東京、日本

朝倉未来はXNUMXラウンド後に全会一致で萩原恭平を破った
鈴木博昭は第1ラウンドの42:XNUMXに「TKO」(パンチ)で奥田啓介を破った
今成正和は第2ラウンドの50時XNUMX分にサブミッション(アーバー)で春日井武を破った
渡辺翔太は第1ラウンドの34:XNUMXにサブミッション(チョーク)で内藤幸樹を破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 05 / 10 / 2021で書かれています
_
キャプション:朝倉未来がXNUMXラウンドで萩原恭平を破った。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)@RIZINFF |開示)。

キャプション:鈴木博昭が第XNUMXラウンドで奥田啓介を破った。
下の写真:(クレジット|礼儀:(C)@RIZINFF |開示)。

*注:すべての著者の主題は無料で配布されます-無料の配布-スポーツ情報*

画像1633179582d

 

石井慧が月曜日に日本で開催されたK-1ワールドGP2021ジャパンでデビュー。 結果を確認する

「K-20ジャパングループ」は、月曜日(2021年1月1日/日本での休暇)に、神奈川県横浜市の横浜アリーナで開催されたイベント、K-2021ワールドGP XNUMXジャパン「横浜つり」を宣伝しました。 、 日本。
コンテストはAbemaTVで「ライブ」で放送され、報道によると、視聴者数は「K'FESTA.4Dia.2」の視聴者数に非常に近かった。

このイベントでは、体重67,5kgまでのXNUMX人の男性を対象としたノックアウトトーナメントが行われました。 偉大なチャンピオンは野杁正明で、それぞれXNUMX回連続で「KO」を相手に勝ちました。それぞれ、FUMIYA、Ayinta Ali、RukiyaAnpoです。
1年3月2020日にK-3で全会一致でブラジルのビタートファネッリを破ったアスリートであるノイリも、今年、「コンバットプレス」によって彼のカテゴリーで世界第XNUMX位のファイターに分類されたことを覚えておく価値があります。

スケジュールの「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)では、現在のK-1クルーズウェイトチャンピオンのシナカリミアンが、タイトル争いのないマッチドファイトで元K-1チャンピオンの藤本京太郎と対戦しました。 イランの戦闘機は、追加のラウンドの後、分割決定によって日本人を打ち負かすことになりました。

MMAファイターであり、現在の「HEAT」チャンピオンである石井慧のハイライト。 また、柔道の元オリンピック金メダリストである日本人は、最近、クロアチアを代表するように国籍を変更しました。 彼の対戦相手は、元K-1クルーザー級タイトルチャレンジャーの相高亮でした。 石井はキックボクシングの世界への彼の最初の進出で勝つことになった。

女性の中で、ことみはXNUMXラウンド後に無生物の決定によって櫻井理香子を破った。

次回のK-1トーナメントは4年2021月XNUMX日に大阪のエディオンアリーナで開催されます。
関係者はまた、大会が27年2022月XNUMX日に東京体育館で初めて開催されることを発表しました。

今のところ、K-1 World GP 2021 Japan:「横浜つり」の結果にとどまります。これには次のものが含まれます。

K-1ワールドGP2021日本:「横浜つり」
20年2021月XNUMX日
横浜アリーナ
横浜、神奈川、日本

野杁正明が第XNUMXラウンドで安保瑠希也をKOで破った-ウェルター級トーナメント決勝
シナ・カリミアンが追加ラウンド(10-9、9-10、10-9)後の分割決定で京太郎を破った
佐々木大三が全会一致で林健太を破った(27-26、28-27、28-26)
芦澤竜生が全会一致で卜部弘を破った(30-27、30-28、30-28)
村越裕太が全会一致で西本成文を破った(30-27、30-27、30-26)
第2ラウンド59時XNUMX分、朝久久博が桃太郎をKOで破った。
城戸康裕は第2ラウンド25時XNUMX分に山内佑太郎をKOで破った。
石井慧が追加ラウンド(10-9×3)後の決定で相高亮を破った
安保瑠希也は第2ラウンドの35時XNUMX分にKOで松岡力を破った-ウェルター級トーナメント準決勝
野杁正明が第1ラウンドの32:XNUMXにKOでアインタアリを破った-ウェルター級トーナメントの準決勝
小沢海人が全会一致で中本悠太を破った(30-29×3)
大東軍司は全会一致で新見隆仁を破った(30-27、30-29、30-29)
トーマは第2ラウンドの05:XNUMXにKOでユウスケを破った
コトミは全会一致で櫻井理香子を破った(30-28×3)
金子彰宏は第2ラウンドの35時XNUMX分にKOでコキを破った
篠原悠人が全会一致で谷山敏樹を破った(30-27、30-25、30-26)
龍香は第1ラウンドの48:XNUMXに蓮實光をKOで破った
第3ラウンド00時、松岡力がKOでマキ・ドワンソンポンを破った。
安保瑠樹は第0ラウンド31:XNUMXにノックアウトでアランソアレスを破った
野杁正明は第2ラウンドの10:XNUMXにKOでFUMIYAを破った
アインタ・アリは全会一致で児島ルクを破った(30-28、30-29、30-28)
第2ラウンド45時XNUMX分、大久一樹がKOで黒木ダルビッシュを破った
小林節彦は第2ラウンドの10:XNUMXにKOで清水琢磨を破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 22 / 09 / 2021で書かれています
_
キャプション:MMAファイターの石井慧がキックボクシングデビューで優勝。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)石井慧個人コレクション|(C)M-1スポーツメディア株式会社|(C)K-1ジャパングループ|(C)AbemaTV |(C)ゴングマーシャルアーツ|開示)。

キャプション:K-1ワールドGP 2021日本を宣伝するポスター:「横浜つり」。
下の写真:(クレジット|礼儀:|(C)M-1 Sports Media Co.、Ltd。|(C)K-1 Japan Group |(C)AbemaTV |(C)Gong Martial Arts | Outreach)。

*注:すべての著者の主題は無料で配布されます-無料の配布-スポーツ情報*

16547posファイルea1a0

 

 

 

「パンちゃん」岡本理奈が日曜日に日本で開催された「Rizin30」で優勝。 結果を確認する

Rizin FFは、19年2021月30日日曜日、ホームアリーナであるさいたまスーパーアリーナに戻り、フランチャイズのバンタム級トーナメントの第XNUMXフェーズをもたらしたエディションであるRizin XNUMX'live 'を発表しました。

確かに「カード」はこれらのGP準々決勝で記憶されますが、アジアの組織はまた、その「バナー」の下で開催された女性のキックボクシングの試合を初めて提供することで歴史を作りました。

そして、同胞の桃華万堂コロ(11-0-2、20「KO」)を破って有名になったのは、「パンチャン」(17-3、1「KO」)としてよく知られている戦闘機(彼女のキャリアではまだ無敗)でした。プログラミングを開くための戦いの決定によって。
日本のファンは、リナが次のコンサートで久保田玲奈と対峙する可能性についてすでに話し合っています。 後者は、MMAでRizinを数回競いましたが、キックボクシングの過去から来ています。 すでにリジン31でリナとレナの決闘が見られますか?

女性の間でも、今回は総合格闘技のルールで、浜崎朱加(23-3)が藤野恵実(25-12)を2012ラウンド後に全会一致で破った。 彼らはXNUMX年に初めて戦い、その際浜崎は「ディープジュエル」チャンピオンの称号を守ることに成功しました。

ブラジル人にとって、このRizin 30で最も待ち望まれていた瞬間は、ロベルト・サトシとクレベル・コイケのパートナーであるサンパウロのアラン・ヨシヒロの戦いでした。 吉弘は日本の朝倉海による全会一致の決定によって敗北した。
元リジンバンタム級チャンピオンの朝倉は、第XNUMXラウンドで、盆栽柔術アカデミーのブラジル代表の体に強力な打撃を与え、勝利に近づいたとき、良い瞬間を過ごしました。 アランは攻撃に抵抗し、次のラウンドで戦いのバランスをとることができましたが、日本人は第XNUMXラウンドを上回り、裁判官の全会一致の決定によって勝利を保証しました。
朝倉は18-3に改善し、吉弘は18-9-4に減少しました。 偶然ではありませんが、この戦いは「カード」の「メインイベント」(したがって「メインイベント」)でした。

同じくGP進出を決意して優勝したもう一人の選手は、井上直樹(17-2)が井上直樹(17-2)を抜いた。

扇久保博正(23-5)も準決勝に出場し、ベテランの大塚隆史(29-19)を破った。

ジャッジに決定を任せずに戦いを定義した唯一の準々決勝進出者は、元谷友貴(13-7)を第28ラウンドの途中でパンチを放ち、元バンタム級チャンピオンをほぼノックした滝沢健太(10-XNUMX)でした。リングからのディープインパクト。

このリジン30の他のハイライトは、わずか19秒の戦いで「キックボクサー」鈴木千尋(14-5)をノックアウトしたベテランの昇侍(3-20)でした。

リオデジャネイロオリンピック(1年)のレスリング銀メダリストである太田忍(1-2016)も好調でした。 日本人はMMAで彼の最初の戦いに勝ちました。 そのためには、審査員の全会一致で、フェザー級が久保優太(0-1)を破らなければならなかった。 太田忍のデビューは2020年末、所英男に敗れた。

以下を含む「Rizin30」の結果をチェックしてください。

リジン30
19年2021月XNUMX日
さいたまスーパーアリーナ(さいたたまパーアリーーナ)
埼玉、日本

MMA:朝倉海は、裁判官の全会一致の決定によってアラン吉広を破った
総合格闘技:井上直樹が全会一致でホカムラユウトを破った
総合格闘技:扇久保博正が裁判官の全会一致で大塚隆史を破った
MMA:滝沢健太がXNUMX回戦で元谷友貴をTKOで破った
MMA:浜崎朱加が審査員の全会一致で藤野恵実を破った
MMA:矢地祐介が裁判官の全会一致で武田光司を破った
MMA:堀江圭典が裁判官の全会一致で佐々木憂流を破った
MMA:太田忍が審査員の全会一致で久保優太を破った
MMA:昇侍がXNUMX回戦で鈴木千尋をTKOで破った
キックボクシング:岡本理奈が全会一致でモモカマンドコロを破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 20 / 09 / 2021で書かれています
_
キャプション:「パンちゃん」岡本理奈は、リジンでキックボクシングの試合に勝った最初の女性として歴史を築きました。
上の写真:(クレジット|礼儀:(C)Instagram- @ panchanrina |(C)@RIZINFF |(C)ノックアウト|開示)。

キャプション:「キックボクサー」岡本理奈と桃華マンドコロの戦いを宣伝するチラシ。
下の写真:(クレジット|礼儀:(C)@RIZINFF |開示)。

*注:すべての著者の主題は無料で配布されます-無料の配布-スポーツ情報*

panchanvmomoka 3a467

 

 

土曜日に日本で開催された「DeepJewels34」の結果をご覧ください

女子MMAイベント「DeepJewels34」は、土曜日(04年2021月XNUMX日)に東京の新宿FACEで開催されました。佐伯茂のプロモーションにより、最近多くの女性ファイターが育成され、ほとんどのアスリートが参加した後者のイベントで展示されました。彼らのキャリアの中でXNUMXつ未満の戦い。 しかし、それにもかかわらず、これらの競合他社は「ファンベース」を作成し、スポンサーシップを獲得し、より良くなっています。
スケジュールには、スポーツで経験を積んだアスリートも登場しました。

カードの「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、大城美月と古瀬美月の間で原子量カテゴリの戦いが見られました。 そして、XNUMX人は同じ名前を持っていますが、彼らは彼らのキャリアの中で異なる瞬間を経験します。
大城は昨年XNUMX回敗れた後、この大会に出場し、古瀬も昨年もXNUMX連勝でリジンFFとの契約を勝ち取った。

しかし、古瀬(25歳)に勝ったのは、最年長の戦闘機(20歳)の大城だった。 後者は最初から戦いを終わらせたいと思っていたようですが、大城は彼の快適ゾーンにいるようでした。 彼女は地面に投げられた後、XNUMX回のアームバーの試みで勝利に近づき、最初のラウンドで地面とポンドに取り組みました。

沖縄のファイターの勝利は、マウントを征服し、上位からのパンチで相手を罰した後、第4ラウンドになり、古瀬のコーナーはタオルを投げることを余儀なくされました。 大城は第13ピリオドの3分4秒に「TKO」で勝ち、7-8に改善したが、対戦相手はXNUMX-XNUMXに落ちた。

「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)は、清水美希子(3-1)がキャリアで最初の敗北を喫した後、回復したことを示しています。 今回はフライ級で1ラウンド戦った後、全会一致でケイト・オヤマ(2-XNUMX)を破った。

プログラムのもう一つのハイライトでは、村上絢(2-0)が第0ラウンドの2分4秒にアームバーを持って京香ちびさい(16-XNUMX)を提出するのを見ました。

以下を含む「Deep Jewels 34」の結果を確認してください。

ディープジュエルズ34
04年2021月XNUMX日
新宿FACE(新宿FACE)
新宿、東京、日本

MMA:大城美月が第4ラウンドの13時XNUMX分に「TKO」(「コーナー」がタオルに投げ込まれた)で古瀬美月を破った
MMA:清水美希子がXNUMXラウンド後に全会一致でケイトオヤマを破った
MMA:竹林えるがXNUMXラウンド後に全会一致で井上朋子を破った
総合格闘技:村上絢が第4ラウンド16時XNUMX分にサブミッション(アーバー)で京香ちびさいを破った
総合格闘技:村山たえはXNUMXラウンド後に全会一致でPochanZを破った
キックボクシング:中村咲が全会一致で山本美憂を破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 14 / 09 / 2021で書かれています
_
キャプション:大城美月が古瀬美月を破った。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)ディープジュエル|(C)ディープインパクト|(C)ゴングマーシャルアーツ|(C)ゴング格闘技|開示)。

キャプション:大城美月が山から古瀬美月を殴る。
下の写真:(礼儀|クレジット:(C)ディープジュエル|(C)ディープインパクト|(C)ゴングマーシャルアーツ|(C)ゴング格闘技|開示)。

*注:すべての著者の主題は無料で配布されます-無料の配布-スポーツ情報*

アイキャッチ1630754381fea44

 

土曜日に日本で開催された「グラチャン49」の結果をご覧ください

 

「グラチャン49」は土曜日(07年2021月176日)に開催されました。 檻は大阪の2015boxに設置されました。「グラチャン」は「路上で生まれた」唯一の総合格闘技専門団体であり、初開催以来「日出ずる国」で社会的信頼を得ています。フランチャイズはまた、日本の米軍基地と連携して「カード」の一部を宣伝しました。いつものように、岩崎博之氏(G. Global Co.、Ltd。のCEO)から提供されました。優れたMMAの戦いで構成された「カード」。

「スケジュール」の「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、川中隆弘が最初の「ラウンド」のわずか50秒後に山下後太に「TKO」を課したときに「ドラマ」を体験しました。 176boxの廊下に「右左」の「擦り傷」の音が響き渡った。 勝利により、川中はウェルター級チャンピオンの長岡博樹に挑戦する権利を獲得した。

すでに「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)では、手塚元信と竹本武也のバンタムウェイト部門でエキサイティングな戦いが見られました。 手塚は、ソロゲームで戦闘機が大きく発展したXNUMXラウンドの戦いの後、全会一致の決定で勝ちました。 優勝した「コブラ会総合格闘技道場」チームの選手は、「グラチャン」のバンタム級チャンピオンである伊藤そらやに挑戦し、「RIZIN」での戦いにも「アピール」した。

全会一致の決定(3-0)で勝った別の戦闘機は上田豊でした。 「DEEPImpact」、「Wardog Cage Fight」、「Grachan」のベテラン自身が、それまで「修斗」プロモーションのために戦っていた林陽太を乗り越えるために、XNUMXつのプリセットラウンドを費やしました。

ヘビー級選手の中で、荒戸秀隆は開幕戦の1:08に「TKO」で田葉隆弘を破った。 戦いの後、マイクを手にした秀隆は、「カテゴリータイトルを獲得するまで、「グラチャン」ヘビー級を支配する」と約束した。

以下を含む「Grachan49」の結果をチェックしてください。

グラチャン49
07 8月2021
176box
豊中、大阪、日本

川中隆弘は第0ラウンド50:XNUMXに「KO / TKO」で山下後太を破った
第5ラウンド00時、手塚元信が全会一致で竹本武也を破った。
第5ラウンド00時、上田豊が全会一致で林陽太を破った。
荒戸英隆が第1ラウンドの08:XNUMXに「KO / TKO」で田葉隆弘を破った
今村豊vs. 池田隆和(結果は団体提供なし)
中山巧と日沖発は、割り当てられた時間が終わった後に同点になりました
高橋健人vs. 上田有希(結果は組織から提供されていません)
中山巧vs. 岸本泰昭(ファイトキャンセル)

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 09 / 08 / 2021で書かれています
_
キャプション:大阪の49boxで開催された「Grachan176」のプロモーション用の「ポスター」。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)格闘技|(C)Grachan MMA |(C)G。Global Co.、Ltd。| Disclosure)。

キャプション:川中隆弘が第50ラウンドのわずかXNUMX秒で「TKO」で山下五太を破った。
下の写真:(礼儀|クレジット:(C)格闘技|(C)Grachan MMA |(C)G。Global Co.、Ltd。| Disclosure)。

カワナカvsLets01 04650

 

土曜日に韓国で開催された「TFCDream7」の結果をご覧ください

19年2019月XNUMX日以降、XNUMXつのショーを宣伝することなく、「トップファイティングチャンピオンシップ」(または「トップFC」)がついに活動を再開しました。
韓国のプロモーションは、組織の最初の女性のストローウェイトチャンピオンになった中国のWeili Zhangなどの名前を投影することで、アジアのMMA愛好家に知られるようになりました。
カンフー出身のチャンは、UFCでもカテゴリー(52kg)のベルトを獲得しました。
約22か月とパンデミックによる数回のキャンセルの後、同社は韓国の蔚珍で「TFCドリーム17」を宣伝した土曜日の夜(2021年7月XNUMX日)に活動を再開しました。
スケジュールは激しい戦いと中断でいっぱいで、通常の時間の終わりに来るのはたった13つの対立でした。 合計XNUMX回の戦闘がありました。

カードの「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、キックボクシングのエキスパートであるソンヒョクチェが、キム・ビョンソクを軽い衝突で提出することで、ソロファイトでも彼のスキルを発揮するのを見ました。
崔熙燮(26)は、キムの太ももの内側に4回のキックを放ったが、キムは反応せず、手で作業することを好んだ。 崔熙燮は「餌を噛んだ」が、パンチの組み合わせで比較的簡単にキムにノックダウンされた。

どちらも地面の位置を支配するのに苦労し、ダメージはほとんどありませんでした。 戦いは、崔熙燮が対戦相手の背中にチョークを着地させたときに定義されました。 その結果、崔熙燮は総合格闘技の記録を4-1に上げ、3回連続で出場したキムは2-3に下がった。

「共同メインイベント」(または「共同メインイベント」)は、バンタムウェイト部門のXNUMX人の新人の間の戦いであり、ソホチョは最初の「ラウンド」の開始以来、「スワッピング」で彼の優位性を押し付けました。 彼は膝と左の「フック」をドンフンチェに「接続」しました。ドンフンチェは顔に右と左の「フック」の素晴らしい組み合わせで反応しました。 「ラウンド」の過程で、両選手は打撃の「交換」に投資し続けたが、それ以降、より多くの「プレッシャー」をかけたのは崔であり、崔は彼のスピードと姿勢の変化に答えることができなかった相手。 彼は相手の足を控えめに蹴ることしかできなかった。

チョーがテイクダウンを取り、「チーム浦項MAD」アスリートにパンチを投げたときだけ状況は変わるだろう。 しかし、第1ラウンドでは、崔熙燮は左フックで投資し、倒れた相手に「無数の」打撃を与え、審判に戦いを止めさせた。 崔熙燮(0-0)はプロデビューで力強いストップ勝利を収め、崔熙燮(1-XNUMX)は最初の総合格闘技で負けた。

女性の中で、キム・スヨン(1-0)とボ・ラム・ハン(0-2)の戦いに焦点を当てたいと思います。 キム・スヨンは「キックボクサー」に転向したYouTubeパーソナリティです。 彼女は「Rise」や「DEEPKick」などの大会での実績を活かして、総合格闘技大会でのデビュー戦で最も効果的なヒットを記録し、全会一致で勝利を収めました。

以下を含む「TFCDream7」の結果をチェックしてください。

TFCドリーム7
17 7月2021
蔚珍博覧会公園
蔚珍、韓国

ソンヒョクは第2ラウンドの40時XNUMX分に提出(裸絞め)でキム・ビョンソクを破った
ドンフンチェは第3ラウンドの19時XNUMX分に「TKO」(ストライキ)でソホチョを破った
チャン・スリーは第3ラウンドの16時XNUMX分に「TKO」(パンチ)でキョンミンチョを破った
チャンビンパークは第3ラウンドの52時XNUMX分に「TKO」(パンチ)でクジャンソンを破った
キム・スヨンは第5ラウンドの00時に全会一致でボーラムハンを破った
ジュンヒョンパクは第1ラウンドの30時XNUMX分に「TKO」(パンチ)でジウォンパクを破った
第1ラウンドの40:XNUMXにイ・サク・リーが「TKO」(パンチ)でヒョソンウンを破った
第2ラウンド48時XNUMX分、キム・グンヒがキム・ジョンギュンを「TKO」(パンチ)で破った。
ジュノ・シンは第4ラウンドの50時XNUMX分に「TKO」(ストライキ)でヨン・ウクウを破った。
そして、ジン・パクは第0ラウンドの48:XNUMXにサブミッション(チョーク)でギ・スンハムを破った
サンミンパクは第1ラウンドの10:XNUMXに「TKO」(ストライキ)でヒョンジュソを破った
第3ラウンド14時XNUMX分、ソン・ギュジョンが「TKO」(ストライキ)でグク・ヒーを破った。
ノーギスペシャルマッチ:ヒョンスリー対ソンホホンが引き分けに終わった

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 07 / 08 / 2021で書かれています
_
キャプション:もう一度、ハイライトは「ラウンドガールズ」に行きました。これは、戦いの間隔を「整える」責任があります。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)김세라|(C)KoreanTopFC | Disclosure)。

キャプション:組織の女性のストローウェイトチャンピオンであるWeiliZhangなどのトップFCの予想される名前。
下の写真:(礼儀|クレジット:(C)Weili Zhangパーソナルコレクション|(C)KoreanTopFC | Disclosure)。

53034435 1625464960930928 120030480358703104 n 59c2d

 

日曜日に日本で開催された「ノックアウト2021vol.3」で岡本理奈が長井仁美を破る

18年2021月2021日(日)、首都東京の後楽園ホールで「ノックアウト3vol.XNUMX」プロモーションが開催され、「ペイシステム」で「ライブ」放送されました。 '。

このカードは、プロモーションの超中型と超軽量のカテゴリーで、肘のないパンチとキックを許可する「KNOCK OUT-BLACK」ルールに基づくトーナメントの完了を特徴としており、松倉信太郎と田村ひじりが75kgのベルトで戦いました。鈴木千尋と宮越圭二郎は65kgのベルトで対峙した。

ベルトはまた、スアレック・ルックカムイと重森陽太がライト級タイトルを争ったときに、肘のキックとパンチを許可する「ノックアウトレッド」のルールセットの危機に瀕していた。

女性のハイライトは、アトムウェイトカテゴリー(46kg)の女性チャンピオン「パンチャン」岡本理奈(STRUGGLE)と、ライトカテゴリーのチャンピオン「ミネルバ」の長井ひとみ「サソリ」(テツジム/ PRIMA GOLD)の戦いでした。フライ級(48,99kg)。
彼らは、ルール「KNOCK OUT-BLACK」の下で、つまり肘を使用せずに、「スーパーファイト」で独自の方法で互いに向き合った。
これは契約戦であり、3Rの規定時間は3分(および必要に応じて延長ラウンド)で、合計重量は48,4kgでした。 この重量は、元の原子重量カテゴリ(-2,4kg)より46,0kg高く、「サソリ」ライトフライ級(-48,97kg)に近いです。

「パンチャン」岡本理奈は、今年22月10日に後楽園ホールで開催されたMIREYとの再戦でノックアウト勝利を収めていた。 リナは2年2019月のプロデビュー以来XNUMX勝(XNUMX'KO ')で無敗であり、「サソリ」はこれまでの最強の対戦相手です。

2019年2020月に長井ひとみ「サソリ」が「ミネルバ」の王位を征服。XNUMX年XNUMX月に「シュートボクシング」に参加。 アスリートは「ノックアウト」でデビューする前に、「フーストカップ」、「NKB」、「RISE」などのイベントにも参加しました。

試合開始時、「サソリ」がプレッシャーをかけるが、リナは段階的にかわしながらストライキ。 パンチとキックの「交換」の良いリズムの後、戦いの最初の「クリンチ」が行われます。 リナはパンチを繰り返しつなぎ、第XNUMX期が終わる前に好印象を残します。

XNUMX番目の「ラウンド」では、リナは一連のパンチを接続します。 笑顔を浮かべた「さそり」は、すぐに報復し、右左を真っ直ぐ岡本の顔に届ける。 そこから「スワッピング」のシーンをたどり、今回は「さそり」が印象的。

第XNUMXラウンドと最終ラウンドでは、両方の戦闘機がキックを発射します。 しかし、リナも膝を使います。 彼女はXNUMX回続けて相手を殴った。 「サソリ」は、次にリナの体を打つために後退します。 シーケンスでは、岡本が右フロントキックを打って膝を蹴る。 戦いは激しく終わります。
戦いの結果は裁判官の決定に行き、スコアは多数決で勝ったリナに有利です(29-29、29-28、29-28)。

-「怖かったけど、みんな応援してくれて頑張った。 まだ弱かったですが、もっと練習します。 ギリギリでも勝てて良かったです。 敵は去りましたが、今後も私を見守ってください。 応援ありがとうございました。」-激しい戦いに勝った後も、まだ感情的な岡本理奈は言った。

「KNOCKOUT2021vol.3」の結果をご覧ください。

ノックアウト2021vol.3
18 7月2021
後楽園ホール
東京、日本

キックボクシング:鈴木千尋が第0ラウンドの37:XNUMXにノックアウト(パンチ)で宮越圭二郎を破った-超軽量トーナメント決勝
キックボクシング:松倉信太郎が全会一致で田村聖を破った(29-24、30-23、30-23)-スーパーミドル級トーナメント決勝
ムエタイ:重森陽太が全会一致でスアレック・ルックカムイを破った(49-48、49-48、49-47)-ライト級タイトルに有効
ムエタイ:安本晴人が第0ラウンドの30時XNUMX分にノックアウト(頭を蹴る)で竹内健一を破った
キックボクシング:岡本理奈が多数決で長井仁美「サソリ」を破った(29-29、29-28、29-28)
ムエタイ:小笠原英作が第1ラウンドの18:XNUMXにノックアウト(足を蹴る)で横野宏を破った
キックボクシング:バズーカコキが第1ラウンドの37:XNUMXにKO(キック後)で松尾康弘を破った
ムエタイ:中村宏樹が第2ラウンドの08:XNUMXにKOでサクシスを破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 19 / 07 / 2021で書かれています
_
キャプション:岡本リナは勝利後に興奮した。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)ノックアウト|(C)ゴングファイティング|ディスクロージャー)。

キャプション:戦いはその「特徴」としてパンチとキックの激しい「交換」を持っていました。
下の写真:(礼儀|クレジット:(C)ノックアウト|(C)ゴング格闘技|開示)。

210718ノックアウト04パンチャンサソリ03dbc5c

伊藤紗弥が日曜日に日本で開催された「BOM-ムエタイの戦い〜BOMWAVE05」で勝利を語る

 日曜日(4年2021月05日)、神奈川県横浜市の大さん橋ホールでイベント「BOM〜ムエタイの戦い〜BOM WAVE 19-Get OvertheCOVID-XNUMX」が開催されました。
日本の伊藤紗弥は、「ONEChampionship」の試合でアスリートMIREYに挑戦しました。 決闘は、「BOMプロモーション株式会社」が推進するトーナメントで、「開いた指」の手袋をした最初の女性ムエタイ対決でした。 「ONE」との提携。

偶然ではありませんが、戦いはカードの「共同メインイベント」(したがって「共同メインイベント」)でした。 MIREYとの対決を開始し、彼女は「パンチ」パワーを使用して、ミディアムとフロントの左右のキックで距離を制御しました。 彼女はまた、まっすぐな右パンチと肘打ちを使用しました。

したがって、1Rと2Rは伊藤紗弥がパンチで距離を縮め、相手を入れないのに最適だった。 彼女はまた、この目的のために彼女のお気に入りのセンターキックを使用しました。 しかし、3Rでは、MIREYは左右のフックパンチで彼女を接地することができました。 パンチの攻撃と防御に関心を持って、伊藤は左で働いた。 彼女は戦いのために規定された3ラウンドの後に0-29(28-3×XNUMX)の決定に勝ちました。

勝利の翌夜、伊藤は「ツイッター」でファンに戦いの印象を報告し、次のように述べた。

-「それは私の武道のキャリアの中で「広げられた指」の手袋との最初の戦いでした。 安心して無事に勝ちました。 それは素晴らしい機会でした。 戦いの約XNUMXか月前にチャレンジを受け入れてくれたMIREYに感謝します。」-伊藤は対戦相手のMIREYを称賛して言った。

「ONEChampionship」への参加を長い間待っていた伊藤もコメント。

-「ムエタイのルールで「開いた指」の手袋をはめてONEに行き、レベルを上げているタイのアスリートを含む外国の戦闘機で自分自身をテストしたい。」-完了し、「BOM」と「」のパートナーシップについて話しました。 XNUMX'。

現在22歳で武道の練習を約18年行っている伊藤は、すでにWPMF女子世界選手権のタイトルを獲得しており、彼の前には明るい未来があります。 アスリートの次の目標は、「ONEムエタイ」の上に立つことです。

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 09 / 07 / 2021で書かれています
_
キャプション:トーナメントは、「BOM」と「ONEChampionship」の業務提携で推進されました。
上の写真:(礼儀|クレジット:(C)BOMプロモーション株式会社|(C)エイワスポーツジム|(C)ONE Championship | Disclosure)。

キャプション:伊藤紗弥は、「BOM WAVE 05」で、「広げた指」の手袋でムエタイ初の女性の戦いに勝ちました。
下の写真:(礼儀|クレジット:(C)BOMプロモーション株式会社|(C)エイワスポーツジム|(C)ONE Championship | Disclosure)。

画像1625454110e7fdd

土曜日に韓国で開催された「RoadFC058」の結果をご覧ください

韓国のイベント「ロードFC」は、先週の土曜日の夜、18年03月2021日、韓国でXNUMX番目に人口の多い昌原市の昌原体育館でXNUMXか月後に戻ってきました。

先に発表したように、ラインナップのハイライトは、実際には「カード」の「共同メインイベント」(したがって「共同メインイベント」)であり、31歳のキム・ジェフンがジェウム・グァンサンと対峙した。 、最高の「フリークショー」スタイルでの戦いで。

この「奇妙な」対立についての好奇心は、キム・ジェフンが国際的な専門メディアによってヤクザ(日本のマフィア)の「元メンバー」として分類されたのに対し、彼の対戦相手であるクム・グァンサンは決定した俳優であるということですファイターになり、45歳でMMAデビューを果たします。

前者は45kgの重量アドバンテージで戦いに参加し、勝利を達成するためにすべてのグラムを使用し、「元ギャング」としてヤクザの入れ墨を覆うために「ラッシュガード」を使用することを余儀なくされました。 アジアの一部の国ではタトゥーの着用が禁止されており、イベントはそれらの場所にも放送されたことを覚えておく価値があります。

戦い自体では、両方の戦闘機が最初から足を攻撃しました。 そのプロセスが終わった後、前進していくつかのパンチを上陸させたのはキムでした。 クリンチでの戦いの後、Geumは(「ケージ」から)グリッド上に投げ込まれ、すでに地面にあり、「地面とポンド」からの無数のパンチに見舞われました。 クムは何の反応も示さなかったので、審判はアスリートの身体的完全性を維持するために戦いを止めました。 ヤクザの「元メンバー」は、第2ラウンドの06分XNUMX秒に相手をノックアウトした後、勝者と宣言された。

キム(1-4)は0回目の試みでプロとしての最初の勝利を収め、涙を流して地面に倒れました。一方、クム(1-XNUMX)はMMAデビューで負けました。

この「RoadFC058」の「メインイベント」(したがって「メインイベント」)では、第34ラウンドの6秒でIl Hak Ohをノックアウトした後、In SuHwangが新しいミドル級チャンピオンになるのを見ました。 タイトルベルトでファン(1-4)は彼の故郷で彼のキャリアの1番目のノックアウトを得ました。 一方、ああ(XNUMX-XNUMX)は初めて負けました。

強調するに値するカードの別の戦いは、フェザー級タイトルのために戦っている間に「ロードFC055」でほぼ59年前に排除されたヘジンパークの復帰をマークしたものでした。 今回、柔術のスペシャリストは、対戦相手のドゥー・ソク・オーを地面に倒し、わずか8秒で「レッグロック」をかけました。 パクは勝利の道に戻り、1-3まで上昇しましたが、対戦相手は6-XNUMXに落ちました。

メインイベントのオープニングマッチでは、大々的に宣伝された軽量のプロスペクト、シウォン・パク(6-0)が第4ラウンドのわずか1分1秒でKOを介してテソン・キム(16-XNUMX)を破った。

以下を含む「RoadFC058」の結果をチェックしてください。

Road FC 058
03 7月2021
昌原室内体育館
韓国、昌原

スファンでは、第0ラウンドの34:XNUMXに「TKO」(パンチ)でイルハクオを破った。
キム・ジェフンは第2ラウンドの06時XNUMX分に「TKO」(パンチ)でジェウム・グァンサンを破った
ウォンジュンチェは第3ラウンドの01時XNUMX分に提出(チョーク)でドンファンリムを破った
パク・ヘジンは、第0ラウンドの59:XNUMXにサブミッション(「レッグロック」)でドゥーソクを破った。
第1ラウンドの16:XNUMXにシウォン・パクがKOでテ・ソン・キムを破った
ジヨンヤンはXNUMXラウンド後に全会一致の決定を介してジョンヒョンイを破った
ジンパクはXNUMXラウンド後に全会一致の決定でソンスリーを破った
セルゲイ・チェは、XNUMXラウンド後に全会一致の決定でヤング・ハン・キムを破った
ウー・ジェ・キムは第1ラウンドの45:XNUMXに「TKO」(パンチ)でドン・スソを破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 07 / 07 / 2021で書かれています
_
キャプション:「元ギャング」キム・ジェフンがついに総合格闘技で優勝。
上の写真:(クレジット|礼儀:(C)Road FC | Disclosure)。

キャプション:キム・ジェフンは体重のアドバンテージを利用して、クム・グァンサンをノックアウトしました。
下の写真:(クレジット|礼儀:(C)Road FC | Disclosure)。

202217211 4327081490683657 1079959281141767232 n 274c9

公開説明ノート

無料のウェブサイト、私たちの読者や訪問者への無料、情報と実際のニュースの唯一の目的と普及、すべてのクレジットはそれぞれの情報源と著者にあります。

法律に準拠して:

ブラジルの法律46/9610の第98条、Iに準拠-法律46/9610の第98条、Iおよび5.250年9月1967日の法律第2083号-法律53/2.083 | 12年1953月XNUMX日の法律第XNUMX号。

詳細および法的サポートについては、協力弁護士であるRaphael Guilherme da Silva-OAB / SP Under No.316.914にご相談ください。

記事に同意できない場合は、すぐに削除し、法律で義務付けられているように撤回することで公に謝罪します。

Desdejámuitoobrigado。

このニュースポータルは、日本での登録に関するボランティア寄稿者グループのイニシアチブです-目標新聞(犬・モザイク)。 --connectionjapan.com。

また、ブラジル人の植民地がこの情報に無料でアクセスできるようにするため、および当社のWebサイトにアクセスしたい他のすべての訪問者がアクセスできるようにするために、ボランティアと協力者によって維持されています。

のいくつかの観察 法律第9.610 / 98号。

研究または批評のための著者の作品の使用;

製品を表示するための著者の作品の使用(例:写真を含む額縁を表示する額縁ストア)。

著作権で保護された作品を私的な目的で使用する(誰かと共有すると、使用されなくなります) プライベート!);

その他、法律第9.610 / 98号に規定されています。

« October 2021 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FreeCurrencyRates.com

 

訪問カウンター

0.png4.png0.png2.png1.png5.png5.png
今日:1045
昨日:1146
過去7日間:2191
月:18509
合計:402155

同時に接続

15
オンライン

19-10-21

オンライン訪問者

パートナーズ

ページのトップへ