简体中文 - English - 日本語 - 한국어 - Português - Español

倫理方針

倫理規定

全国専門ジャーナリスト会議は、この倫理規定を承認しています。

ジャーナリストの倫理規定は、コミュニティとの関係、情報源、およびジャーナリスト間の関係において、専門家のパフォーマンスが従わなければならないルールを確立します。 権利から情報へ

第1条-公開情報へのアクセスは、社会の生活状態に固有の権利であり、いかなる種類の利益によっても阻止することはできません。

第2条-正確かつ正確な情報の開示は、その特性の性質に関係なく、公に開示する手段の義務です。

第3条-公共メディアによって公開される情報は、事実の実際の発生によって導かれ、社会的および集団的利益の目的を持ちます。

第4条-活動が社会の生活に影響を与える公的、私的および私的機関による情報の提示は、社会的義務である。

第5条-情報の無料開示および検閲または自己検閲の適用に対する直接的または間接的な妨害は、社会に対する犯罪です。

ジャーナリストの職業行動

第6条-ジャーナリストの職業の行使は、この倫理規定の対象となる社会的性質および公共目的の活動です。

記事7-ジャーナリストの基本的な責任は事実の真実であり、彼の仕事は出来事の正確な調査とそれらの正しい開示によって導かれます。

第8条-ジャーナリストは、それが正確かつ必要であると考える場合はいつでも、情報源の出所と身元を保護します。

第9条-それはジャーナリストの義務です:

-公益に関連するすべての事実を開示する。
-思考と表現の自由のために戦います。
-職業の自由な運動を守ります。
-職業の評価、表彰、尊厳。
-恣意性、権威主義、抑圧に反対し、世界人権宣言に表明されている原則を擁護すること。
-特に情報を管理する目的で行使された場合、あらゆる形態の腐敗と戦い、非難すること。
-プライバシーの市民の権利を尊重します。
-カテゴリーの代表的で民主的な実体を威信する;

第10条-ジャーナリストは、次のことはできません。

-カテゴリの給与フロアまたはクラスエンティティによって修正されたテーブルと一致しない有料作業の申し出を受け入れる。
-情報の正しい開示に反するガイドラインに提出する。
-異なる意見の表明を挫折させたり、自由な議論を妨げたりする;
-社会的、政治的、宗教的、人種的、性的、性的指向の理由による迫害または差別の慣行に同意する。
-彼が働いている機関による、彼が従業員、アドバイザー、または従業員である公立および私立の機関でのジャーナリズムの報道。 ジャーナリストの専門的責任

第11条-ジャーナリストは、自分の作品が第三者によって改変されていない限り、彼が漏らしたすべての情報に対して責任があります。

第12条-彼のすべての権利と責任において、ジャーナリストはカテゴリーを代表する団体からのサポートとサポートを受けることになります。

第13条-ジャーナリストは以下の事実の開示を避ける必要があります。-個人的な好意または経済的利益に関心がある。 -性格が病的で、人間の価値観に反する。

第14条-ジャーナリストは、次のことを行わなければなりません。 -あなたが開示する情報で言及されているすべての人を尊重して扱います。

第15条-ジャーナリストは、間違いや不正確さの存在が示されている場合、彼の記事に関係または言及されている人々に返信する権利を許可する必要があります。

第16条-ジャーナリストは、政治的、経済的、社会的側面で国家主権を行使し、少数民族の権利を尊重し、社会の大多数の意志の蔓延に努めなければならない。

Art。17-ジャーナリストは国の言語と文化を維持しなければなりません。 倫理規定の適用

第18条-この倫理規定の違反は、倫理委員会によって調査および評価されます。

1°-倫理委員会は、この目的のために特別に呼び出された秘密投票により、カテゴリーの総会で選出されます。
2°-倫理委員会には、組合の理事会のそれと一致する権限を持つXNUMX人のメンバーがいます。

第19条-この倫理規定を順守しないジャーナリストは、倫理委員会によって適用される次の罰則の対象となります。

-組合員、観察、警告、停止、および組合員からの除外。
-非会員に対しては、公の監視、組合の加盟への一時的な障害、永久的な障害。

唯一のパラグラフ-最大のペナルティ(ユニオンメンバーのメンバーシップからの除外、および非ユニオンメンバーのメンバーシップへの明確な妨害)は、この目的のために特別に呼び出された総会の国民投票の後にのみ適用できます。

第20条-市民、ジャーナリストの有無に関わらず、または影響を受ける機関の主導で、書面による表明および身分証明を倫理委員会に送ることができるため、ジャーナリストが犯した違反の有無を判断できます。

第21条-表明が受領されると、倫理委員会はその正当な受け入れを決定するか、または特に受け入れられない場合は、提出を決定し、必要に応じてその決定を公開します。

第22条-罰則の適用は、無効の罰則の下で、代表の対象であるジャーナリストの事前の審問が先行しなければなりません。

1°-公聴会は、倫理委員会により、それぞれの通知の受領を証明するシステムを通じて書面で招集されなければならず、その期日からXNUMX日以内に行われます。
2-ジャーナリストは、前の段落の期間内に書面で回答を提出するか、公聴会で彼の理由を口頭で提示することができます。
3-ジャーナリストがこの記事の期限を守らなかった場合、代理人の条件に同意したことになります。

第23条-回答の有無にかかわらず、倫理委員会は、審理に設定された日付から数えてXNUMX日以内に関係者に決定を転送します。

第24条-警告および停止の罰則の影響を受けるジャーナリストは、通知の受領から最大XNUMX日以内に総会に上訴することができます。 唯一のパラグラフ-代表の著者は、倫理委員会の決定に同意しない場合、通知の受領から数えてXNUMX日以内に総会に上訴する権利を保証されます。

第25条-ジャーナリストに危害を加えるという悪名高い意図は、必要な根拠のない代表の場合に明らかになり、その著者に対する公の非難の対象となります。

第26条-この目的のために特別に召集されたジャーナリストの総会で承認された後、現在の倫理規定が施行されます。

第27条-本規範の変更は、ジャーナリストの組合を代表する少なくとも10名の代表団が署名した提案によってのみ、ジャーナリスト全国大会でのみ行うことができます。

法務-弁護士: ラファエル・ギルヘルム・ダ・シルバ-OAB / SP Under 316.914

CNPJ -28.872.542 / 0001-73-ブラジル。

に従って 46と一緒に、私は 法律9610 / 98 e 法令番号5.250 9の2月の1967の。
報道法の自由法律2083 / 53 | 法令番号2.083、12の11月1953。