元の色を再現するためにデジタル技術を使用して復元された、大阪の包囲戦の1614の冬の季節を描いた「屏風」の屏風が6月に20の東京の丸の内地区で公開されます。 (写真:杉本康弘)

テクノロジーが生命スクリーン「扶部」に戻る

数字による絵になると、それ以上野心的になることはありません。 一対の「びょうぶ」を描く

続きを読む
高校生が千葉県船橋市のフェイス船橋ビルで6月に17でピアノを弾きます。 写真:読売新聞

千葉の船橋のピアノは日本全国各地からの観光客を魅了しています

千葉県の商業施設で「ストリートピアノ」という都市計画が通行人を引き付けています。

続きを読む
論争の的になる香港での引き渡しプロジェクトに対する抗議を支持するメッセージの壁にポスターが追加されています。 写真:トーマス・ピーター/ロイター

香港のレノンの城壁:ステッカーで抗議する

火曜日の夜、Ines Wongは7枚の厚紙を集め、色付きの粘着ラベルに貼り付け、

続きを読む
画像:MAジョイ

「だから私はRuPaulのドラッグレースを見た」:東京のXジャンル - マンガ

MAジョイは若い漫画家として、彼らは合わないと感じました。

続きを読む

フジタは名高いチャイコフスキー国際コンペティションで2Xの地位を占めます

20年の日本の大学生、藤田真央さんが16コンテストのピアノ部門で2位になりました。

続きを読む
山本写本を含む展示については、地元のボランティアガイドが説明しています。 写真:読売新聞

三鷹の小説家山本の遺産

「ロボの石」などの作品で知られる小説家山本雄三(1887-1974)が活躍

続きを読む
古いチャップマン邸宅は、静かな住宅街の丘の上にあります。 写真:読売新聞

和歌山で有名な大正時代の住宅が観光地として再オープン

和歌山県新宮市の建築家、西村勇(1884-1963)が設計したアメリカ人宣教師のかつての住居がオープンしました。

続きを読む
クレジット 写真:写真の中

トップMusa Summer

投稿者:Marcia Assay - 写真家。 私たちのチームもくよう新聞 - 日本がリアルタイムでフォローするという素晴らしいイベント。

続きを読む
写真:北村俊文による安野/ゲッティイメージズ

内面の闘争、人間の精神、私たち:エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオンは30分のアニメシリーズとして、4の10月の1995に登場しました

続きを読む
訪問者は、アイクタ州の横手増田マンガミュージアムにあるマンガ作品に関連する展示を探しています。 写真:読売新聞

秋田マンガ博物館は改装後に再オープン

横手増田マンガミュージアムは、4月から改装工事を経て、秋田県横手にオープンしました。

続きを読む
西村佳明。写真:AFP

人気急上昇中でも危機に瀕している日本のアニメ業界

日本の急成長中のアニメ業界は、低賃金、長い時間、そして巨大な経済の危機に瀕しています。

続きを読む
金曜日にパリのDrouotオークションハウスで、カラヴァッジョの絵画「Judith Beheading Holofernes」がマスコミに発表されます。 ソース:AP通信

オークションの前に最後に展示されているカラヴァッジョの絵画

先週の金曜日、訪問者は屋根裏部屋で見つかった400年の絵を賞賛する最後の機会を得ました

続きを読む
写真:細川拓

パフォーマンスアート「カグラ」をテーマにした劇場が大阪にオープン

「神楽」の伝統芸能を宣伝するため、JR難波駅の近くに専用劇場が開館しました。

続きを読む
KPFの420スカイマイルタワーは、東京湾の50万人のための浮遊農場と住宅を含む、その次の東京2045提案の中心的存在でした。 写真:コーンペダーセンフォックス提供

忘れ去られた東京:紙を切ったことのない建築の不思議

鉄筋コンクリートの円筒形の壁で保護された、鋼鉄とガラスの「深さ」は、

続きを読む
Instagram@a.youのスクリーンショット

Instagramに投稿された浜崎あゆみは批判されている

最近では、人は様々なことに激怒するかもしれません。 次のようないくつかのことは対処する価値があります。

続きを読む

東京メディア展が日本メディア芸術祭で受賞者を発表

22ジャパンメディアアートフェスティバルの特別賞と特別賞受賞者

続きを読む
鳥山明によるドラゴンボールのマンガシリーズは、複雑なテーマを探求するより多くの内臓作品とともにロンドンで展示されている多くのうちの1つです。 写真:AFP

ロンドンでの日本のマンガショー

「マンガは、今日の最も人気のあるストーリーテリング形式です」と、「シティ」の立ち上げ時に博物館のディレクターを務めるハートウィッグ・フィッシャーは述べました

続きを読む
柳沼拓/写真「読売新聞」に、金色の太陽の顔など、岡本太郎記念館の庭園を飾っています。

岡本の旧スタジオを探る

岡本太郎(1911-1996)は、「芸術は太陽のようだ」と言っていました。 「太陽の湯」として知られる芸術家

続きを読む