パンデミックがセブン-イレブンに日本での早期閉店を強いる

コロナウイルスは、日本のセブン-イレブンの店主からの注文の合唱が失敗したことを実行しました。これにより、チェーンを管理する会社であるセブン&Iホールディングスは、一部の場所を一晩閉鎖することを余儀なくされました。

これは、ウイルスが攻撃する前にわずかな収益に長時間を費やしていて、その後、日本の労働者が緊急状態で家に避難している間に商売が枯渇するのを目にしていた店主に安心です。

しかし、日本が先週、国中の多くの地域でその声明を発表したため、一部のフランチャイズ加盟店は、意見の変化がパンデミックよりも長く続くのではないかと考えていました。

オーナーが真夜中または祝日中に数時間店を閉めることを許可することは、大したことには思えないかもしれません。 しかし、日本ではユビキタスであり、国のインフラの一部と見なされているセブンイレブンは、国内の7か所すべてで一貫したサービスを提供することがブランドの価値にとって重要であると考えています。

多くのフランチャイズのように、彼女は店のレイアウトから従業員が顧客に服を着て挨拶する方法まですべてについて厳しい期待を持っています。

同社はXNUMX月、オーナーである松本三敏氏を、日本で最も重要な休日である大阪の正月に閉店することを決めたため、契約を終了した。

セブン-イレブンは、この決定は松本に対する顧客からの多数の苦情への対応であると述べた。 主題は現在、競合するプロセスの主題です。

パンデミックの最中でさえ、セブンイレブンはしぶしぶそのルールを曲げたようです。

ソース: NYタイムズ //画像クレジット: 林典子/ニューヨークタイムズ

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.