ブランコチカティックは、6月17日の日本で開催される「CHAKURIKI XNUMX」イベントで表彰されました

天田裕美と西島洋介は、混合ルール(第1ラウンドのボクシングルール、第2ラウンドのキックボクシングルール)の特別な戦いに参加しました。 ベテランの決闘は引き分けに終わった。 (提供:クレジット:(C)Dojo Chakuriki Japan | Disclosure)。

6年17月2020日(日)に大阪で開催された「茶栗六〜ブランコチカティックメモリアル〜」のイベント。

新しいコロナウイルスの蔓延のため、コンテストは一般に公開されていませんでしたが、同じ日の午後19時(現地時間)から始まるビデオサイト「You Tube」で世界中に「ライブ」で配信されました。 一部の情報筋は、この競争は6.600人の観客によって見られたと述べています。 他の人たちは、戦いが8.000回を超えたと示唆しています。

トーナメントは、1月22日に65歳で亡くなった最初のK-XNUMX White Cikaticチャンピオンを記念して、道場茶栗木ジャパンによって開催されました。

戦いの前に記念式典が行われ、道場茶栗き日本を代表する天井元之氏が哀悼の意を表した。 Dojo Chakurikiの社長であるトムハリックと同じアカデミーのピーターアーツは、ビデオで見ることができる伝説のキックボクサーの死、そして最後に日本のアイコンプロレスリングアントニオイノキによるトリビュートの後、サポートのメッセージと後悔を送りました、亡くなった戦闘機に一瞬の沈黙を記憶に捧げた。 それから初めて闘争が始まった。

「カード」には、プロレスリング(日本では「プロレス」、ブラジルでは「テレキャッチ」と呼ばれるモダリティ)、ボクシングのルールの下で競った青木真也、天田裕美、西島洋介などの有名なスポーツ名がありました。キックボクシングとXNUMXつのMMAの戦い。

スケジュールの最初の戦いは、ウェルター級(3ラウンド2ラウンド)のキックボクシングのルールに基づいて行われました。 ヒロキは攻撃的に動き始めたが、リュウギの攻撃にさらされた。 龍木はXNUMX回戦の終わりにヒロキを体のキックで止める前に彼のテクニックをうまくミックスした。

シーケンスでは、リズカユウがグラップリングマッチの第XNUMXラウンドで腕に提出された佐野直志を倒しました。 リズカは佐野の腕を伸ばしながら頭を回転させ、勝利に導いた。

続いてXNUMXつのプロ「テレキャッチ」の戦いが続き、ロッキー川村がノックアウト、田場貴裕をノックアウト、MMAチャンピオン、元ドリームスターの青木晋也が鈴木悟を腕に出し、藤原良明が松本隆利をそれぞれ破った。 この最後の対立についての好奇心は、藤原の「コーナー」がアスリートの戦いの後にレフェリーを攻撃したことです。

カード、ボクサー、PRIDEのベテラン西島洋介、K-1スターの天田ヒロミが続き、3ラウンドXNUMXラウンドで混合ルールのマッチを描きました。
第XNUMXラウンドはボクシングで、第XNUMXラウンドはキックボクシングでした。 西島は靴を履いていたので、箱に入れることしか許されなかった。 アマダは第XNUMXラウンドで西島をハイキックで倒した。

ショーで唯一のMMAファイトでは、清水俊一が第XNUMXラウンドの提出により拓也を破った。 清水は当初タクヤを倒し、相手の背中をコントロールしてからアームバーで勝利した。

「メインイベント」(または「メインイベント」)は、岡本将軍と天正山のキックボクシングマッチを特色にしました。 岡本は決定により勝者に選ばれた。

戦いの後、「日本骨髄銀行チャリティーチャクリキ7〜バトルシティバトル」というタイトルのシリーズの次のイベントが23年2020月XNUMX日に確認されました。チケットはXNUMX月から発売されます。

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 19 / 05 / 2020で書かれています

フランチャイズの次のイベントである「チャクリキ7」のプロモーションチラシは、23年2020月XNUMX日に開催されます(提供:クレジット:(C)Dojo Chakuriki Japan | Disclosure)。

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.