日本人は緊急事態の一時停止後に新しい生活様式に直面しています

日本は39月14日にXNUMX都道府県の緊急宣言を停止した。 最初の週末、緩和された措置により、人々は、回復された自由を利用することと、感染予防策に従うこととの間のバランスをとろうとしました。

三重県では、長島スパランド遊園地が9月XNUMX日以来初めて日曜日にアウトドアアトラクションを再開しました。 しかし、進行中のパンデミックの兆候は公園全体でまだ明らかです。 正面玄関のサーモグラフは、各訪問者の温度を測定します。 ジェットコースターでは、他のすべての路線は空いています。

公園はまた、他の市役所の人々に訪問しないように求めています。これは、中央政府および市役所による国内旅行を制限するための措置に沿った要求です。

ナガシマスパーランド遊園地のジェットコースターには、まだ空の列があります。 写真:NHK

大分県では金曜日に地方自治体関係者がイベントを開催し、人々が飲みに出て感染症を予防する方法を示しました。 約20名が参加し、和風居酒屋に集まりました。 テーブルでは、人々はマスクを着用し、向かい合って座ることを避けました。 別のものでは、彼らは食べたり飲んだりしながら顔面シールドを着用しました。 参加者は、コロナウイルス時代の標準になる可能性のある儀式でイベントをマークしました-グラスをチリンと鳴らさずに作られた乾杯。

「素晴らしかった」とある参加者は言った。 「飛沫を気にせずに楽しく過ごせました」 市は実験イベントに関する情報をウェブサイトに公開する予定です。

一方、島根県で人気の観光地である出雲神社近くの商店街では、従業員の少ない企業が再開している。 顧客はXNUMXつの店舗のいずれかで買い物をし、出口近くのXNUMXつのレジで支払うことができます。

このモールは月に初めて再開されました。 顧客は敷地内を一方向にのみ歩くことができます。これは、社会的距離を維持するためにとられる措置です。 写真:NHK

「人々は警戒を怠らず、注意深く見守る必要がある」とコロナウイルス対応方針を担当する西村康俊大臣は言う。 「感染症の第XNUMX波を回避する必要があります。 コロナウイルスがどこに潜んでいるかは誰にもわかりません。

まだ孤立しています

緊急宣言は、東京とその周辺の埼玉県、千葉県、神奈川県、北海道北部の県、大阪府西部の県、京都府、兵庫県を対象としている。

政府の専門家委員会は、残りの市庁舎で緊急事態がいつ起きるかを判断するのに役立つ基準のリストをまとめました。 主なポイントは、毎週の感染率に関連しています。「人々は警戒を怠らず、監視する必要があります」と、コロナウイルス対応方針を担当する西村康俊大臣は言います。 「感染症の第XNUMX波を回避する必要があります。 コロナウイルスがどこに潜んでいるかは誰にもわかりません。

西村氏は、専門家のパネルが今週後半に集まり、前進する方法を決定する予定だと語った。 政府は、毎日の国境を越えた旅行が多いため、東部XNUMX県と西部XNUMX県を独自の地域として扱うことが期待されています。

ソース: NHK

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.