日本は東京と大阪で収集されたデータを使用して閉塞を解除するかどうかを検討します

日本政府は、東京と大阪の感染データを綿密に分析することにより、残りのXNUMX県で緊急事態を一時停止するかどうかを決定します。

政府は7月39日に元の緊急事態を発表しました。 先週の木曜日、XNUMXの市政府の状況に関する調査を発表しました。

政府は、専門家のパネルに助言を求め、木曜日にXNUMXつの市役所で緊急事態を解除すべきかどうかを決定する予定です。

緊急宣言は今でも埼玉県、千葉県、神奈川県を中心とする東京と東部の県、北海道北部の県、大阪西部の県、京都と兵庫の県を対象としている。

多くの人々が毎日国境を越える傾向があるため、政府は東部XNUMX県をXNUMXつの地域として扱い、西部XNUMX県を別の地域として扱う可能性があります。

政府は、両地域の非常事態を解除するかどうかを検討する際に、東京と大阪の感染統計に焦点を当てることが期待されています。

東京は日曜日に22つの新しい感染を確認し、日本の首都が9件以下の症例を登録したのはXNUMX月XNUMX日以来初めてです。 大阪府は日曜日に新たな感染を確認せず、XNUMX月XNUMX日以来初めて県がゼロの症例を見るために登録した。

政府当局者は、確認された毎日の感染の着実な減少は良い兆候であると言います。 しかし当局は、下降曲線が月曜日以降も継続するかどうかを評価する必要があると付け加えた。

憂慮すべき事実のXNUMXつは、北海道と神奈川県がこの数日間で一定数の新しい感染を記録していることです。

もう一つは、39都道府県で緊急事態が撤廃されて以来、XNUMX都道府県などの第XNUMX週末に繁華街を訪れる人が増えたことです。

政府は、XNUMXつの県の人々に家にいることやその他の感染防止策を講じるよう求めています。 また、他の地域の住民に社会的孤立の対策を維持するように求めています。

コロナウイルスへの対応を担当する大臣である西村康俊氏は、コロナウイルスが潜んでいる場所は誰も知らないため、感染の第二波を回避するために人々は警戒を怠らない必要があると述べた。

ソース: NHK

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.