日本では、世界最古のテレビ漫画がCovid-19によりエピソードを繰り返します

フジテレビネットワークによると、世界最古の漫画テレビ番組の何百万人もの日本人視聴者が、コロナウイルスのパンデミックが生産を停止した後、来週から繰り返しに落ち着く必要がある。

1969年から毎週日曜日に放送される「サザエさん」プログラムでは、郊外の日本人主婦、サザエさんとその家族、多くの世代の家族の名前が浮き沈みします。 推定によると、午後10時30分に18分の休憩をとることで、聴衆の約30%を引き付けることができます。 日曜日に。 (日本語サイトhttp://www.sazaesan.jp)

作者である長谷川町子の2013コマ漫画を原作とするこのプログラムは、XNUMX年にギネス世界記録によって最長のアニメーションシリーズとして認められました。シンプソンズ」。

フジメディアホールディングスの一部門であるフジテレビのスポークスパーソンは、世界経済が原油価格の危機によって大規模に混乱した1975年XNUMX月以来初めて、来週から営業担当が始まると語った。

一部の国際比較では、日本ではコロナウイルスの確定症例数と死亡数は低いですが、日本経済は世界でXNUMX番目に大きな規模であり、パンデミックの世界的な波及により深刻な影響を受けており、景気後退に入ると予想されます。 今年の第XNUMX四半期。

今月初め、政府はウイルスの蔓延を食い止める取り組みの一環として、国の緊急事態をXNUMX月末まで延長し、多くの企業の閉鎖を長引かせました。

土曜日に、漫画出版物ビッグコミックは、ウイルスを封じ込めるための社会的制限が漫画を手で作ることを難しくしているので、その容赦のないヒットマンシリーズ「ゴルゴ13」は52年の歴史の最初の休止となると言った。

ソース: ロイター通信社 //画像クレジット: REUTERS /加藤一成/ファイル写真

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.