日米安全保障協定は60年目を迎えます

ドナルド・トランプ大統領は、60か月前の協定を批判しているにもかかわらず、日米間の安全保障条約の調印XNUMX周年を記念して、両国間のより強力で深い同盟を呼びかけました。

「セキュリティ環境が進化し続け、新たな課題が発生するにつれて、同盟を強化し、さらに深めることが不可欠です」とトランプ氏は18月XNUMX日の声明で述べた。

「私は、今後数か月および数年の間、相互の安全に対する日本の貢献が成長し続け、同盟が繁栄し続けると確信しています。」

昨年XNUMX月、トランプ氏は日本の記者会見で、XNUMX年前に日曜日に署名された日本の防衛政策の要点である条約は「不公平」であり、変更すべきであると述べた。日本は「ヒル」です。

当時のトランプは、彼が協定からの撤退を検討していないと付け加えた。

日本の安倍Shin三首相は日曜日に条約をより強固にするよう呼びかけました。

「私たちは、日米両国がお互いを保護し、それにより同盟関係をより強固なものにする関係を強化しました」と、安倍首相は東京でのレセプションで署名の記念日を記念して述べました。

「将来的には、宇宙空間とサイバー空間の平和と安全を守るための柱となるよう、それをさらに堅牢にすることは私たち次第です。」

この条約は米国に日本を守る義務を負わせており、日本は、米国が制定した憲法に従って、第二次世界大戦後の戦争を行う権利を放棄しました。 その見返りに、日本は、米国がアジアでエネルギーを投入するために使用する軍事基地を提供しています。

この条約は1951年に最初に署名され、1960年に安倍の祖父、その後岸信介首相によって改訂されました。 岸は、この協定が彼の国を紛争に導くことを恐れた日本の批評家による多くの抗議の後に辞任を余儀なくされた。

安倍首相は、2012年の就任以来、長年の衰退の後、日本の防衛費を10%増加させ、2014年に政府は憲法を再解釈し、日本軍が第二次世界大戦以来初めて海外で戦えるようにしました。

日本の有権者は一般的に同盟を支持しているが、彼らは自国が米国主導の紛争に引きずられることを懸念している。 共同通信社による最近の調査では、58,4%が、日本が物資を運んだ船を保護するために軍艦とpa戒機を中東に送るという東京の決定に反対したことが示されました。

トランプ政権はまた、日本に駐留する米軍にもっと支払うよう圧力をかけている。 2015年に合意された合意に基づき、日本は、今後1,4年間で米軍への支出を年間平均189,3億円(1,72億XNUMX万ドル)にXNUMX%増やすことを約束しました。

ソース: ロイター通信社 //注目の画像: 共同通信/ REUTERS経由

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.