小泉首相、育児休暇を取得

日本の環境大臣は、彼の最初の子供が今月生まれたときに父親の育児休暇を取得すると発表しました。

元テレビ司会者と結婚したメディア専門家の小泉慎二郎さん(38)は、大臣の会議で、大臣としての義務と新生児と一緒にいたいという思いを両立させるのは難しい決定であると述べた。

「重要な公的機能を例外として、柔軟に合計XNUMX週間休みたい」と彼は言い、自分の決定が認識を変え、他の親が訴訟に従うよう促すことを望んでいると付け加えた。

彼は、連続した数週間は取らず、遠隔で働くか、休暇中の日数を短くすると予想しており、息子の誕生からXNUMXか月間延長すると述べた。

政府のスポークスマンはこの決定を支持し、「職場と社会的受容性を助長する雰囲気を作り、男性が育児休暇を申請して取得するための支援が重要だ」と述べた。

菅内閣官房長官は記者団に対し、小泉首相の決定が男性の母性に対する態度にプラスの影響を与えることを望んでいると語った。

必要な変更

日本は人口の高齢化と出生率の低下に直面しており、政府は最近、育児休暇の促進を開始しました。 XNUMX月に、公務員がXNUMXか月以上の育児休暇を取ることを許可するポリシーを採用しました。

小泉元首相の息子は、XNUMX月の内閣改革で環境大臣に指名され、第二次世界大戦の終わりからXNUMX番目に若い日本の大臣になりました。

彼は政府の潜在的な新星として綿密に精査されており、彼のコメントと行動は激しいメディア分析の対象となっています。

法律により、日本は比較的寛大な育児休暇を雇用労働者に提供しています。 両方の親はXNUMX年間休むことができ、保育園の場所が利用できない場合はXNUMXか月の更新可能な期間が追加されます。

しかし、出産後6週間の必須を超えて手当を使用する母親の80%以上と比較して、親の70%のみが育児休暇を取得しています。 そして、去る男性の間では、XNUMXパーセント以上がXNUMX週間以内に留まります。

活動家は、これは雇用主と長時間労働を重視する社会からの圧力の結果だと言います。

いくつかの雇用主は従業員を理由に訴えられており、彼らは育児休暇をとった後、日本では「パワハラ」として知られている、育児嫌がらせの略称の対象であると述べた。

小泉首相は、子どもと高齢者の親族の世話を含め、持続可能な方法で仕事と家族の義務のバランスをとる方法について、さらなる議論を呼び起こしたいと語った。 「議員の育児休暇がもはやニュースではなくなる日が来ることを願っている」と彼は言った。

ソース: ガーディアン/ジジプレス //注目の画像: STR / JIJI Press / AFP / Getty Images

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.