日本企業は終身雇用制度と年齢の昇進を避けるようになりました

何十年もの間賃金の停滞と企業の流動性の低下をもたらしてきた日本の生涯雇用制度は衰退しています。

最新のエビデンスは、食品会社味の素株式会社からのもので、金曜日は、スパイスメーカーが3年連続の営業利益の減少から回復しようとしているため、マネージャーの買収を通じて100の雇用を排除しようとしています。 味の素は、創業者の池田菊苗がグルタミン酸ナトリウムを発見した後、数年前に活動を開始しました。

日本企業は、経済成長が鈍化しているため、生涯雇用の概念を避けています。 安倍Shin三首相は、日本の働き方を変えることは経済活性化の最大の課題の1つであり、労働者の流動性の欠如は経済学者が労働市場改革を極端に言う理由の1つであると述べた必要です。

多くの日本企業は伝統的に年齢に応じた給料制度を維持してきましたが、高給のマネージャーは稼ぐほど働かないと批判されています。 5月、トヨタ自動車の豊田章男社長は、企業が生涯にわたって仕事を続けることが難しくなっていると語った。

東京を拠点とする味の素は、声明の中で、成長を維持するために組織を再編すると、「味の素グループ以外の知識や強みを発揮したいマネージャーがいるかもしれない」と述べた。 同社は、資格のある従業員にはすべてのマネージャーが含まれると述べた。 50 6月時点で30以上であり、購入者にサポートサービスを提供します。

ソース: ブルームバーグ

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.