Emotetウイルスは日本のコンピューターを介して拡散します

東京のサイバーセキュリティ組織によると、11月の400によると、日本の27以上の組織が世界中で被害をもたらしているコンピュータウイルスに感染しているという。

日本コンピュータ緊急対応チーム調整センター(JPCERT / CC)によると、Emotetウイルスに感染した多くの組織は中小企業でした。 ますます多くの人が助けを求めているので、侵略事件の数は増えると予想されます。

Emotetは、受信者に知られている実在の人物や組織など、信頼できる連絡先として自分自身を提示するハッカーによって電子メールに添付されるウイルスです。 添付ファイルを開くと、コンピューターが感染します。

ウイルスは電子メールアドレスとテキストに侵入し、それらを使用して新しい偽のメッセージを作成します。

日本では、教育機関を含め、10月以降、ウイルスによる被害が増加していることが報告されています。

東京都立大学では、10月に18の出版社の連絡先を装った犯罪者によって、偽のメールが教師のコンピューターに送信されました。

同じ午後、感染が発見された後、教師として自分自身を見せた犯罪者によって、大学の誰かに新しい偽の電子メールが送信されました。

従業員のメールから他の人に多数のメッセージが送信されました。

強力な自己増殖型ウイルスの世界中への拡散は9月に確認され、米国とオーストラリアの政府機関が警告を発しています。

ウイルス攻撃は高度であるため、JPCERT / CCアナリストの佐々木Hay人は、感染がinfection延していると考えています。

攻撃者は、顧客として信頼される人々のふりをして、以前のメールへの応答の形でメールを送信します。

「疑わしい電子メールを受け取った場合、送信者として記述された人に通知し、ウイルスに対して行動を起こすように頼んで下さい」と佐々木は言った。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.