女川工場が活動再開の承認を取得

日本の東北電力は、福島の災害を引き起こした地震と津波によって被害を受けてから8年以上後、女川原子力発電所の原子炉を再起動するための最初の規制承認を得たことを水曜日に発表しました。

東北電機は声明の中で、公的協議期間を条件として、女川の原子炉番号2を再起動するという日本の原子力規制当局から最初の承認を得たと述べた。

女川は3月の9マグニチュード地震の震源地で日本の原子力発電所に最も近く、2011のほぼ全員を殺し、20.000のチェルノブイリ以来最悪の原子災害を引き起こした津波を引き起こしました。

駅は津波で浸水したが、冷却システムは損なわれずに生き残り、南の東京電力福島第1原子力発電所のような崩壊の脅威から原子炉を救った。

保証はされませんが、地方自治体の同意とともに、再起動の前に追加の承認が必要になります。

原子炉は、福島危機で溶けたものと同じ基本設計の沸騰水型原子炉(BWR)です。

東北電力は、津波から保護するために長さ340メートルの壁と海抜3,1メートルの壁を含む女川工場のセキュリティ改善に800億円(29億ドル)を費やすと予想しています。

2ナンバーリアクターを再起動すると、ユーティリティ35で毎年10億円の燃料費を節約できると彼は言いました。

福島の災害は、日本の電力の3分の1近くを供給していた日本の当時の54運転中の原子炉の最終的な運転停止につながった。

承認は日本の復興原子力産業を後押しするものであるが、この産業は、2030による電力の少なくとも5分の1を供給するという政府の目標をまだ達成していない、とロイターの分析は昨年示した。

9基の原子炉が再起動され、それらはすべて東京から遠く離れた場所にある加圧水型原子炉であるが、福島の汚名は依然として古いBWR技術の使用にかかっている。

日本の福島原発事故の犠牲者に週末に会った教皇フランシスは、日本の原発の安全性の問題が再び強調されました。それは人々と環境にとって安全であること。

ソース: 朝日

写真: 朝日

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
通知する
ゲスト

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る