新しい海賊対策法案は日本での「小さな」ダウンロードを除外します

文化庁は水曜日に、漫画のダウンロードやその他の著作権で保護されたコンテンツを犯罪とすることを目的とした措置から「小さな」ダウンロードを除外する提案を提出しました。

エージェンシーは、たとえば数十ページの漫画の1つまたはいくつかのフレームをダウンロードすることは、著作権法の計画された改正によって罰せられないことを提案しました。

別の提案された例外は、プライベートデバイスのスクリーンショットに著作権で保護されたコンテンツが含まれている場合です。

この提案は、政府機関が開催した専門委員会の最初の会議で承認されました。

政府は以前、すべてのタイプの著作権で保護されたコンテンツのダウンロードの禁止を要求しました。 過度の制限によりインターネットユーザーが追い出される可能性があるという懸念から、同社は3月の禁止を含む著作権レビュー法の導入をあきらめた。

9月から10月にかけて、政府機関は最初のプロジェクトに関するパブリックコメントを収集し、一般市民が規制の強化について強い懸念を抱いていることを発見しました。

政府機関は、海賊版対策とユーザーがインターネットを離れるのを防ぐ必要性とのバランスをとるために、計画されたレビューの下で違法行為の範囲を狭めることにしました。

専門委員会には、日本漫画家協会と出版業界団体を代表する12メンバーがいます。

ソース: ジジプレス

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
通知する
ゲスト

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る