政府は「氷の世代」の労働者を積極的に雇用する、と安倍Shin三は言う

安倍Shin三首相は火曜日に、政府が全国公務員の地位のためにいわゆる「氷河時代の世代」から人々を積極的に雇うと述べた。

彼は、30の初期の日本経済の崩壊後に卒業したために就職に苦労した40から90までの人々の世代への支援を議論する官民会議の最初の会議で注目しました。

地方政府によるこれらの人々の雇用の増加に関して、安倍首相は「中央政府は今年度からこれらの人々を中間職に積極的に採用する」と述べた。

中央政府は、現在検討中の経済的措置に発電を支援する措置を含める予定です。

政府は、3年間の集中支援プログラムで300.000の正規世代労働者の数を増やすことを計画しています。

これらの人々を公務員として採用する具体的な計画は、社会保障改革大臣の西村康敏が率いる今年後半に起草される予定です。

内閣によれば、世代の労働者は、兵庫県の宝塚市、葛西市、三田市、愛知県、和歌山県、茨城県Sa市などの地方自治体に誘われた。

今年の夏以来、民間企業は、全国のハローワーク公務員事務所を通じて、世代の人々のみを対象とした求人情報を掲載することができました。

9月末の空席数は377でした。

官民評議会のメンバーは、大臣および地方政府の役人、ならびにビジネスおよび労働組織の代表者、学界、および社会の受刑者を支援するグループです。

火曜日の会議で、地方政府の役人は、雇用を拡大するための継続的な措置の必要性に留意して、数年間使用できる財政支援システムを求めました。

一方、社会的収容者を支援するグループは、雇用に限らず、柔軟な支援システムを求めました。

「社会の受刑者への支援は雇用に集中しすぎているが、自尊心を回復できる場所が必要だ」とあるグループ関係者は述べた。

ソース: ジジプレス

写真: ジジプレス

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
通知する
ゲスト

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る