日本の財団がミャンマーに難民の家を建てる

ミャンマー東部で、東南アジアの難民やその他の民族紛争の被害者のために、日本の慈善団体である日本財団の復興を支援するプロジェクトの下で建てられた2.900の家の完成を記念する式典が行われました。

式典は、水曜日にカイン州のレイケイカウの村で行われ、月曜日にカインと近隣の州での再建プロジェクトの第2ステージの完了を記念しました。

支援プロジェクトは、ミャンマー政府と、政府との停戦に合意したカレン民族同盟を含む武装民族グループの要請により実施されました。

居住地に加えて、34学校、11医療施設、および33井戸は、3,6の3月に開始されたプロジェクトの第1ステージおよび2016の第2ステージで日本の外務省によって提供された2017億円の資金を使用して建設されました。

今年10月に開始された第3ラウンドでは、2,5億円を使って家や職業訓練施設を建設し、地元の人々が経済的に自立できるよう支援します。

「ミャンマーは、直面する課題を克服すれば、開発の可能性を果たすことができます」と丸山一郎ミャンマー大使は式典で語った。

日本の支援はミャンマーの発展に貢献している、とミャンマー国境大臣のイェ・アウンは語った。

ソース: ジジプレス

写真: ジジプレス

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
通知する
ゲスト

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る