FTCが東京の詐欺で4企業に侵入

水曜日に、フェアトレード委員会は、政府機関から委託された薬物供給契約の談合を疑い、4社を襲撃した。

強制調査の対象は、卸売業者のアルフレッサ社、メディセオ社でした。 東京に本拠を置く東邦薬品株式会社、名古屋の鈴研株式会社。 独占禁止法当局は、4社に対して刑事訴状を提出しなければなりません。

4人は、2018の6月の独占禁止法に違反したと言われています。これは、日本の地域保健機構が運営する57病院で使用する医療用医薬品の供給契約の落札者に接頭辞を付けることによるものです。

この組織は、8.000病院への57製品の2年間の供給を注文しました。 情報源によると、4社すべてが合計74億円の注文を受けた。

製品が公益に関連しているため、FTCは悪意のある慣行を却下した、と情報筋は付け加えた。

義務的な調査は、FTCが中央日本鉄道株式会社中央新幹線の磁気浮上高速鉄道プロジェクトの4つの一般入札業者を襲撃した2017の12月以来初めてでした。

日本の医療用医薬品市場は約9兆円で、そのほとんどは卸売業者によって販売されています。 4つの企業が共同で市場の90%を保有しています。

ソース: ジジプレス

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.