日本での経済は4年で最悪の落ち込み

日本の小売売上高は、10月に4以上、10月に半数で最速のペースで減少しました。消費税の引き上げにより消費者が支出を削減し、内需による赤旗を上げました。

政府は10月に10の8%から全国売上税を1%に引き上げ、国内製品の2倍以上の産業世界で最大の債務負担を是正しようとしました。国の総計。

しかし、一部のアナリストは、以前に2回延期されていた増税が、輸出と生産の低下の中で成長要因なしに経済を去ることができると警告しました。

商務省のデータが木曜日に示したように、10月の小売売上高は、車や家電製品、衣類などの高価な商品に対する需要の低迷により、前年より7,1%減少しました。 データによると、デパートの売上は特に影響を受けました。

この低下は、9,7の3月の2015%の低下以来最大であり、ロイターの調査でエコノミストが予測した4,4%の低下よりも悪化しました。

この減少は、先月の消費税増税後、小売売上高が急速に減少していることを示しています。 2014の4月の前回の財政最高時の時点で、小売売上高はその月に4,3%減少しました。

データによると、10月の季節調整小売売上高は14,4%減少しました。

マイナスの数値は今月の個別のデータの後に来ており、日本経済は第3四半期にほぼ失速し、10月の輸出は3年間で最速のペースで低下したことを示しています。

悲観的な状況により、政府は、国の脆弱な経済回復を順調に進めるために、多額の支出パッケージをまとめるよう要請しました。

一部のアナリストは、10月の小売売上高は、巨大な台風が中部および東日本を襲った後の悪天候のために特に弱く、売上税の増加の悪影響を悪化させたと述べた。

5の2014%から5%の8%への以前の増税は、家計が高値の前に事前購入を行った後に株式市場を引き締めたため、経済全体に大きな影響を与えました。

しかし、政策立案者は、先月の増税は需要の急増を引き起こさなかったと述べた。増加の範囲がより小さく、支出への影響を相殺するのに役立つ様々な政府の措置があるからだ。

ソース: ロイター通信社

写真: ロイター/トーマス・ホワイト

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.