新しい東芝製デバイスは、一滴の血液で13癌を検出できます

研究者は、血液の一滴から13タイプの病気を検出できる新たに開発されたデバイスを通じて、がんの検出を改善したいと考えています。

東芝 25は11月に、99%の精度で2時間以内にがんを追跡する技術を開発したと発表しました。

来年から実証実験を開始し、数年以内に技術を実用化する予定です。

研究者は、このテストを手頃な価格にすることを望んでいます-20.000円($ 183)未満の費用で-完全な医療およびその他の試験のオプションとして利用可能です。

ただし、問題があります:患者がどの13がんを持っているかをテクノロジーが判断できない。

がんの存在を検出できる診断テストでは、血液中を循環する成分であるナノメートルのマイクロRNAが診断に重要な役割を果たします。

2.500タイプのmicroRNAがあり、癌細胞で産生されるこれらのmicroRNAの量は健康な細胞で産生される量とは異なるため、研究者は癌スキャンの違いを利用したいと考えています。

X線診断や内視鏡検査などの既存のがん検査は、視覚的判断に依存しているため、小さな腫瘍や「ゼロステージ」がんの検出が困難です。

東芝によると、この新しい技術により、高精度の肺がん、胃がん、腸がんなどの13がんのスクリーニングと検出が可能になりました。

また、他のがんに対して別の検査を受ける必要がないため、新しい検査は時間とコストを節約します。

この技術の実用的な実装に必要な次のステップは、より多くのサンプルを使用した実験中に高い精度を維持することです。

「この技術の実用化に大きな期待が寄せられています」と、国立がんセンターのスクリーニング評価および管理部門の責任者である中山登美夫氏は述べています。

近年、東芝は会計詐欺スキャンダルによる金融危機に直面しており、医療機器ユニットの販売を余儀なくされています。

東芝は、microRNAを使用したがん検診などの新技術により、「精密医療」分野で新たなビジネスに参入し、収益を拡大したいと考えています。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.