日本のホテルグループUnizoが6つの新規購入オファーを受け取ります

日本のホテル運営会社のユニゾ・ホールディングスは、ブラックストーン・グループによって提案された1,6十億ドルの既存のオファーで、競争力のある価格でさらに6つの入札を受けたと日曜日に言いました。

Unizoは、入札者の名前は言うまでもなく、4つの海外投資ファンドと1つの日本のファンドと1つの国内企業からオファーを受けたと述べた。

Unizoは、どの申し出もその要求を満たしていないと述べました。

さまざまなサービスにより、ホテルオペレーターを取り巻く買収サガがさらに複雑化する可能性があります。これは、世界をリードする2つの投資グループであるBlackstone and Fortress Investment Groupと既に話し合っています。

7月のUnizoは、日本の旅行代理店HIS Unizoからの敵対的なオファーのターゲットになり、ある段階で、SoftBankグループが所有するFortressにオファーを拒否するよう求めました。 しかし、その後、要塞の申し出に対する支持を撤回しました。

先月、Blackstoneは一株当たり5.000円で会社を買収することを申し出、Unizoを1,6億ドルと評価しました。

Unizoは日曜日に、Blackstoneとの交渉に積極的に関与していると述べた。 金曜日に、BlackstoneはUnizoがその申し出に応える期限を延長しました。

現在、FortressはUnizoに対して1株当たり4.100円で入札しており、会社を1,3億ドルで評価しています。 Unizoは日曜日に、Fortressに1株当たり5.000円のオファー価格を引き上げるよう求めていると語った。

Unizoは、入札者に1株あたり5.000円以上のオファーを提供することを望んでいると述べた。 Unizo氏によると、一部の新しい競合企業はまだオファー価格を検討しているという。

ソース: ロイター通信社

写真: ロイター/藤田順子

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.