警察が大阪で人身売買業者を奪還

11月の11で、警察は拘禁センターに護送されている間に逃げた麻薬密売で告発された男性を捕らえた、と調査筋は述べた。

情報筋によると、42の大上良太郎は、大阪の北棟で14h付近で逮捕されたという。

10の11月、大阪府の警察は、大阪の住吉の翼にいると思われる大江さんを見つけたが、男はバンに乗って逃げた。

その日遅く、バンは北区のコイン式駐車場で発見されました。

警察は、逃亡者を収容している疑いで30家でOueの知人を逮捕した。 警察は、この事件に他の協力者がいる可能性があると考えています。

大阪地方検察によると、大江は11月の4の朝、9付近の大阪府東大阪で拘留された。

3人の検察官が彼をバンの拘置所に連れて行ったが、Oueは彼の手錠がきつすぎると訴えた。

警官の一人が手錠の左側を緩めたとき、大上は逃げました。 彼は警官を避けた後、車のドアを開け、右手はまだ手錠をかけられ、腰にロープを巻いて逃げた。

4月に10で逮捕されたOueは、覚せい剤取締法および大麻取締法に違反したとして起訴されました。

彼女は4月の26で保釈されたが、大阪地方裁判所の岸和田支店での9月から10月の裁判に出頭しなかったため、11月の7で取り消された。

警察は、東大阪の大上に位置し、11月に9で大阪検察官に引き渡しました。

しかし、河内の東大阪警察署には彼を止める場所がなかったため、彼は約1,8キロ離れた平岡警察署に移送されていました。

大阪検察が関与したたった2週間で2回目の事件でした。

大阪府岸和田の検察に報告した後、10月に交通法違反の罪で告発された被告が30で車から逃げた後、大江の逃亡が起こった。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.