鳴人は彼の即位を祝うために観客に感謝します

鳴仁天皇は、11月に30.000で東京の皇居の入り口に集まった9の支持者に感謝の意を表明しました。

お祭りは、人気のアイドルグループ、国際的に称賛されたピアニストおよび他の多くによるパフォーマンスを特色にしました。

「寒さにも関わらず、即位を祝うためにここに集まった多くの人々に心から感謝しています」と皇帝は、皇后は皇后と共に皇居の入り口近くの石の橋に現れましたと言いました。

11月に東京の9にある皇居前広場での即位を祝うイベントに集まった支持者の群衆に、皇太子と正子皇后は手を振る。 (写真:朝日/山本博之)

嵐のグループとピアニストのi井信行は、宮殿の前の広場で行われた祝賀会で演奏した多くのアーティストやダンサーの一人でした。

このイベントは、政治、ビジネス、学界、スポーツの世界など、さまざまな分野のリーダーが主催しました。

1で5月に王位に就いたNaruhitoは、先月東日本を荒廃させた台風19の影響を受けた人々の回復と復興の努力の進展の希望を表明しました。

「犠牲者ができるだけ早く安心できる生活に戻ることができることを心から願っています」と皇帝は言いました。

ソース: 朝日