省は、日本でのアリの拡散を防止したい

レースはアリが日本に定着し広がるのを防ぎ始めましたが、遅すぎるかもしれません。

政府は、10月の21に関する会議で、侵入種に関するさらなる研究を実施し、アリに対する対策を強化することを決定しました。

環境省と国立環境研究所は、10月上旬にアリのコロニーが発見された江東区の港にある青海omi頭周辺の監視を続けます。

同省によると、10月の50以降、750のアリの女王、約10の労働者、少なくとも7の幼虫がAomi Wharfで発見されています。

アリは歩道の亀裂からコロニーを形成しており、農薬や他の種類の毒物を使用するなどの予防策がすでに講じられています。

「50以上のオオアリの女王が合計で発見されており、繁殖できるものはより多くの場所に飛んで広がっている可能性があります」と10月の18で環境大臣の小泉慎二郎は述べました。

日本で見られる有毒なアリは南アメリカ原産で、火蟻の咬傷や刺傷は、呼吸困難などの急性アレルギー反応がない限り、命を危険にさらすことはほとんどありません。

日本でのアリの存在は、2017の6月に兵庫県Am崎で最初に報告されました。

今年の9月の10で、全国の港の検査中に、同省は青海桟橋の近くで500のアリ、女王、幼虫、卵について発見しました。 さらなる研究により、サイト周辺の地域でさらに多くのコロニーが発見されました。

「コロニーはすでに形成されていますが、アリが日本に定着したかどうかはまだ判断していません」と環境省の関係者は語った。

国立環境研究所の生態学的ハザード評価および管理セクションの責任者である五箇浩一氏は、研究が確立されている可能性が高いことに基づいて研究を継続すべきだと述べた。

「彼らの巣のサイズは大きいので、火蟻は彼らの中で数世代を生み出したかもしれない」と彼は言った。

Gokaによれば、スペシャリストがエリアを監視し続けることが重要です。一部の有翼アリは港から遠ざかる可能性があるためです。

ソース: 朝日