IMART:池袋祭はマンガとアニメの未来に焦点を当てる

漫画とアニメのスペシャリストは、11月に東京の豊島区で開催されるマンガ川豊島国際アニメフェスティバル(IMART)で、オタク文化の未来を垣間見ることができます。

ウィングには常盤荘の本拠地があります。常盤荘は、現代日本の漫画文化の創始者となった新興の漫画家が住んでいる現在は消滅しています。

IMARTは豊島プロジェクトの最後のイベントで、「東アジアの都市文化2019」、豊島センタースクエア、池袋地区の区役所の会議室に焦点を当てています。

(IMART実行委員会事務局が提供)

祭りのハイライトは、マンガとアニメの未来に関する会議です。 パネリストおよび講演者として行動する大手企業と業界の専門家を集め、知識を一般に公開します。

参加者は、急速に変化する産業について学び、知識を活用して芸術の新しい可能性を創造することができます。

この会議では、映画祭、官民パートナーシップ、技術、教育、その他さまざまな分野の多くのトピックが取り上げられます。

IMARTはまた、豊島ウィングを主に日本、中国、韓国の企業や芸術家のためのプロモーションおよび文化交流拠点および交流センターにすることを目指しています。

まんがみらいハッカソンとアニメーション学習豊島2019で達成された成果は、IMARTの前にさまざまな専門家のチームと実験的な漫画作品を作成するために行われ、フェスティバルでも公開されます。

詳しくは、次の公式Webサイトを参照してください。https://culturecity-toshima.com/en/).

ソース: 朝日