羽田空港国内線ターミナルが給水を失う

11月の9から午前中に6付近で中断された後、東京の羽田空港国内ターミナルで水の供給が部分的に回復し、レストランやオンサイトトイレを使用する旅行者に影響を与えました。

羽田の給排水を管理しているAirport Facilities Co.によると、20h20周辺の空港の洗浄施設で、労働者が水の塩味を検出しました。

空港施設が異常の原因を調査している間、国内便の両方のターミナルビルで給水が中断されました。

1ターミナルの建物への給水は、14hの直後に復元されました。 空港施設の調査員が水質のさらなる異常を発見した後。

2ターミナルの建物は、17hからの水のないままでした。

水不足はフライトに影響しませんでした。 そして、運輸省は、国際ターミナルビルに水が供給されていると述べました。

東京都水道局は、給水システムに何の問題もないと述べた。

ソース: 朝日