市長が宮島の入場料を請求したい

松本太郎は、世界遺産の厳島神社の本拠地である宮島への入場料を徴収することを約束しました。

元50市議会議員は、10月の20で選挙に勝利しました。これは、元副市長が新しい税の支援に消極的だったためです。

市長としての最初の任期で11月の3に就任した松本は、彼のキャンペーンの約束を果たす決意です。

松本は、選挙の翌日に記者団に、ますます人気のある観光名所のインフラ改善に資金を供給するために、2021に税金を導入するつもりであると語った。

「島には、地下電力線の敷設や道路の修理など、メンテナンスと修理作業が必要です」と彼は言いました。 「私は、安定した収入源として税を導入することに焦点を合わせています。」

彼は、訪問者1人あたりの適切な金額は100円になると考えていると付け加えました。

昨年、4,3百万人以上が宮島を訪れました。これは、以前の1年に比べて10百万人増加しています。

しかし、松本市は、地元の反対と完全な議論に直面しています。市は2回、入国税をあきらめたからです。

松本は世論調査で圧倒的な支持を得ていなかった。 彼は21.896票を獲得し、906は前副市長よりも多くなりました。

2008および2015では、Hat日市市政府が島のインフラストラクチャを改善するために入場税を課すことを検討しました。

市が作成した委員会は、宮島に訪問者を連れて来る船の料金や島の観光施設の入場料を追加するなど、税金の徴収方法について議論しました。

しかし、市はどちらの場合も提案を放棄し、専門家は徴税のための追加費用と島民の課税に関する懸念を指摘した。

島に住んでいるある女性は、「(税)はプラスの利益をもたらさない」と言っています。

意見はまた、市議会のメンバーの間で分けられます。

現在、総務省によると、沖縄県の島々にある伊是名、伊平屋、渡嘉敷、座間味からの訪問者には100円の税金が課されています。 この税は、「環境協力税」または「美ら島税」という名前で徴収されます。

ソース: 朝日