日本の議員は憲法改正の加速を検討

政府と野党議員は木曜日に、約2年ぶりに衆議院憲法委員会による公開協議で提案された憲法改正に関する議論をスピードアップするかどうかを議論した。

11月に2017で最後に開催された衆議院での無料のパネルディスカッショントークは、憲法改正を行った欧州4か国を巡るメンバー国会議員によるパネル会議のオープニングの報告に続きました。

自民党議員の新堂義隆は、廊下の両側の同僚にこの問題についての議論をスピードアップするよう促し、多くのヨーロッパ諸国が首尾よく憲法を変更したと指摘した。

「変化する社会状況に基づいて、私たちの国の現実を反映した憲法改正に関する議論の重要性を直接感じました」と彼は言いました。

野党陣営は、新道の迅速な交渉の要請を拒否した。 日本の主要野党である憲法民主党の山名ku夫は、ドイツが憲法に相当する基本法63回を改正し、ドイツと日本の法制度の違いを強調した点に応えた。

「[ドイツ基本法]は議員数と地域議会の議員の任期を規定しているが、日本では[これらの変更]規則は法律の改正を通じて取り扱われている」と彼は述べた。

野党人民民主党の奥野総一郎は、「日本が憲法を改正していないという事実は、必ずしも状況が異常であることを意味するわけではない」と述べた。

PLDのジュニア連合パートナーである公明党の北川和夫も、急いだ議論について留保を表明した。

「憲法が改正された回数を比較するだけではほとんど意味がない」と彼は言った。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.