JR東日本は台風第10号の影響を受けた19新幹線を除外します

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、11月の19で、台風第6号によって浸水した北陸新幹線の8本の使用済み新幹線を廃棄する予定です。

E-7シリーズの列車は、10ワゴンで構成された120の新幹線の1つであり、10月の12で台風によって長野市で千曲川が壊れた後、JR東日本長野新幹線の鉄道ヤードに浸水しました。 。

W-7シリーズの他の2つの列車の所有者である西日本鉄道株式会社(JR西日本)は、それらが使用不能であると結論付けた後、それらを廃棄することを決定しました。

10月末に両社が発表した口座の暫定決済によると、すべての10列車の解体は、JRに減価償却費を除いて約11,8十億円($ 108百万)の損失をもたらします。東、JR西への損失は約3億円になります。

JR東日本は、8つの新幹線を製造する予定です。 標準生産コストは電車1台あたり約300百万円です。つまり、JR東日本はベンチャーに28,8十億円を費やす必要があります。

北陸新幹線のJR東日本サービスは、通常運行の80%に削減されました。 深澤氏は、フルラインのサービスが今年度末までに戻ってくると述べた。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.