逮捕された移民が大阪でハンガーストライキに行く

大阪の移民施設で拘留された10の外国人については、彼らの長引く拘禁に抗議するためにハンガーストライキを開催した、と彼らの支持者は水曜日に言った。

支持者によると、火曜日の朝に大阪入国管理局で始まったハンガーストライキに参加しているほぼすべての被拘禁者が2年以上投獄されています。

移民局は、報告されたハンガーストライキについて、「公表する必要のある状況はない」とコメントすることを拒否した。

被拘禁者は、改善された施設や医療施設でより多くの商品を購入できるように要求しており、日本に長期拘留期間を停止し、暫定的解放の要求が拒否された場合に特定の理由を提供するよう求めている

40ウガンダ人男性は、水曜日に共同通信の記者に、「私たちは犯罪者ではなく、単に自由を求めている」と語った。

「火曜日以来、私たちは水を飲んだだけです。 難しいですが、我慢しなければなりません」と彼は施設でのインタビューで語った。

これは、日本の移民センターでのハンガーストライキの最初のケースではありません。

昨年4月、茨城県牛久市にある東日本入国管理センターの40人以上の被拘禁者が、インド人が施設で自殺した後、ハンガーストライキを行いました。

この事件は、日本の移民施設での一連の死で発生しました。彼らは、貧弱な医療サービスと長い拘禁期間について長い間批判されてきました。

国外追放命令を受けた非法的に居住した外国人は、東京、大阪、茨城、長崎を含む日本全国の17入国管理施設で拘留できます。

法務省は、拘留を法的地位なしに日本で外国人を管理する方法として指摘しているが、弁護士を含む支持者は、国外追放前の短い期間に限定すべきであると主張している。

国連拷問委員会はまた、日本の長期にわたる、場合によっては無期限の拘留期間を批判しており、日本における拘留の法的期限はありません。

ソース: 経堂

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.