市を中心としたプログラミングを提供する広島映画祭

「ポジティブな映画」を提供するため、広島国際映画祭(HIFF)が11月に開催されます。

「今年は、このフェスティバルで広島への配慮がさらに深まります」と、イベントの社長を務める映画プロダクションデザイナーの平屋京子は語っています。

33の国からの合計15映画がHIFFに表示されます。

片tab砂直監督による「世界のこのコーナー(およびその他のコーナー)」の暫定版で幕を開ける予定です。 アニメ映画は「世界のこのコーナー」の拡張バージョンであり、160日間にわたって再生されています。

フェスティバルは、大林宣彦の最新プロジェクトである「映画のラビリンス」(179分)で終了します。 広島県尾道市で生まれた81歳の監督は、末期癌と闘いながら映画に取り組んでいます。

フェスティバルの実行委員会は、9月30で広島平和映画賞のタイトルを選択したことを発表しました。

ストーリーは、時空を旅して尾道映画館で戦争映画を見ている若者のグループに焦点を当てています。 映画で強調されているのは、6での8月の1945原子爆弾投下の直前の中国、沖縄県、広島の戦線です。

「この映画を作ったのは、アート、この場合は映画のような表現は、人々に切迫感を感じさせる最も簡単で簡単な方法だと強く信じているからです」と大林は声明で述べた。

フェスティバルでは、監督自身が選んだ4つの古典的な大林の映画も取り上げられます。 ))および「7週間」(1986)。 大林は、映画祭で上映された5本の映画すべての講義に出席します。

「広島は、多くの映画製作者が際立っているエネルギッシュな都市です」と広島出身のへやは語った。 「広島をテーマにした映画が増えていますが、映画祭で上映されるべき映画もたくさんあります。」

HIFFは、NTTクレッドホール、広島市中館の広島市映画視聴覚図書館、西館の横川シネマで開催されます。

詳しくは、次の公式Webサイトを参照してください。http://hiff.jp/en/).

ソース: 朝日