広島の教皇に会うために招待された学生

ヨーロッパの有名人が同時にこの地域を訪れる予定だったため、広島平和記念資料館への長い修学旅行がキャンセルされたとき、高校生は当然失望しました。

しかし、校長が学生の名前について一般に訴えた後、博物館への旅行が確認され、さらに教皇フランシスコを直接見る機会が与えられました。

24の11月には、バチカンの招待で広島の教皇が開催した平和会議に出席します。

「私たちは博物館への修学旅行のキャンセルを受け入れるしかないと思いました」と、岩手県の盛岡西尾高校の70校長であるTsu正人は述べました。 「こんなに幸せになったことは一度もない。」

広島市職員はまた、教皇のイベントが終了した後、その日訪問する予定の学生などの人々に対応するために、博物館を一晩で開くことにしました。

40年の伝統

約40年間、広島への修学旅行は、1948で設立された盛岡西尾高校で誇りと重要な伝統となっています。

1945原爆の犠牲者に捧げられた博物館を訪問することに加えて、学生は自分たちの「平和宣言」を準備し、広島平和記念公園の子供たちの平和記念碑の前でそれを声に出して読みます。

毎年の修学旅行は、2011の東の日本の大震災と津波で彼ら自身が災害に直面した後、生徒にとってさらに有意義かつ重要になりました。

「岩手県で災害に見舞われた高校生にとって、多くの命が失われた出来事を考えて覚えることは特に重要です」とつくたは言いました。

今年、233の2年生は、11月に広島、大阪、京都など、24から28に行く予定です。

盛岡の盛岡聖男学校校長のTsu正人。 (写真:朝日/加茂健吾)

しかし、9月下旬に、旅行代理店から、24年の最初の教皇の広島訪問のため、11月に38で安全上の理由で平和公園と博物館の周辺が閉鎖されることが通知されました。 。

学校が旅程を変更するには遅すぎました。 学生たちは、1年半旅行の準備をしていて、ニュースが届くと1.000の折り紙を折り畳んで広島の子供の記念碑に置いていました、とつくたは言いました。

監督は朝日新聞に手紙を書き、教皇の旅行中に子供たちが平和博物館を訪れることを許可する方法を求めた。 この手紙は、9月の30の新聞の「読者の声」セクションに掲載されました。

「教皇の訪問は重要な全国的行事であると理解していますが、学生に広島平和記念公園と広島平和記念資料館を見てほしいです」と彼は書いた。

「私たちの未来を担う若者たちは、広島に行って公園に足を踏み入れることを許されていませんか?」とつくたは尋ねた。 「私はそれが教皇の真の意図だとは思わない。」

博物館での夜

教皇フランシスは、11月に23から26に東京、長崎、広島を訪れます。

広島平和記念公園での平和会議は、11月に18の40h24で始まる予定です。 教皇は、その日の早い時間に広島に到着し、その夜東京に向けて出発する予定です。

広島市政府は11月5で、11月13からセキュリティ上の理由で博物館を20hから24hに閉鎖すると発表しました。

ただし、20hから22hまでは、特別な取引がその日に博物館を訪れる予定の人々に対応することを期待して開かれます。

この時期の博物館の通常の時間は、8h30から18hです。

バラク・オバマ米大統領が5月に広島を訪れたとき、27、米国大統領の最初の2016、博物館は安全上の理由で正午に閉鎖されました。

当時、市は訪問者向けの特別な宿泊施設を設けていませんでした。

ソース: 朝日