日本大使館、ウィーン美術展の承認を撤回

大使館と主催者によると、オーストリアの日本大使館は、いくつかの重要な芸術作品が不適切であると考えて、150年間の二国間外交関係をマークするウィーンでの美術展の承認を取り下げました。

9月下旬からオーストリア外務省の協力を得て開催されたJapan Unlimited展示会では、2011での福島原発危機のテーマと戦時中の日本の歴史に関するいくつかの作品を特集しています。

オーストリアのイベントに参加するアーティストの中には、名古屋で開催された「「表現の自由?」の後」展にも参加し、論争を巻き起こしました。

名古屋とウィーンの展示会へのアーティストの参加を知った正体不明の日本の議員が問題を調査するように外務省に依頼した後、承認の撤回が来ました。

大使館は、展示会を訪れた当局者は、両国間の相互理解と友好を促進しなかったと結論付け、主催者に10月の30の承認の撤回を通知したと述べた。

11月の24に予定されている展示会は、記念イベントのプロジェクトであることを示す公式のロゴなしで継続されます。

展覧会のアートワークには、放射線防護機器から滴り落ちる日本の太陽のシンボルの形で描かれた血を描いたものや、中国と韓国に謝罪する安倍首相を装った人物のビデオが含まれていました。戦争中の国の侵略のための南。

昭和天皇として死後知られる天皇裕仁と、第二次世界大戦後に日本を占領した連合国の最高司令官であるダグラス・マッカーサーの写真に基づく劇も、日本の対米関係を満足させています。

ウィーンの展覧会は、キュレーターのウェブサイトによると、「自国で政治的および社会的に重要な芸術の限界と機会に取り組む日本の最もアクティブなアーティスト」の一部を強調することを目的とした。

8月2019と10月1の間に愛知14トリエンナーレアートフェスティバルの一環として開催された日本の「After After Freedom of Expression?」展示会は、「戦争中に日本の軍の売春宿で働くことを余儀なくされた。

展示会は、抗議と脅威の波のために合計で10日間続きました。

日本の文化庁は9月、愛知県芸術祭に国庫補助金を支給しないことを決定し、展覧会がイベントの円滑な運営を損なう抗議を引き起こす可能性があることを事前に知らされていないと述べた。

ソース: 経堂

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.