首里城で電気的短絡が発生した可能性が高い

首里城の大部分を破壊した10月の31の火災は、おそらく焼電のメインホールの電気的短絡によって引き起こされたもので、破壊されたと研究者らは述べた。

沖縄県警と市の消防署は、西電会館の北東側の電気配線不良に集中しています。

消防隊は11月、6で、短絡がほぼ確実にユネスコの世界遺産火災の原因であると述べた。

同じ日に、沖縄美ら島財団と首里城公園の管理に携わった人々は、記者会見で、さらに2つの建物が火災により損傷を受け、合計9つになったことを明らかにしました。

財団によると、警備員と彼の従業員の一部は、メインホールのブラインドを閉めた後、10月に21の35h30にあるザイデンホールを去りました。 10月の2の午前中に34:31で発火した室内熱検知器。 その間、誰もメインホールに入場していませんでした。

メインホールブレーカーは、21h30で毎晩自動的に遮断されます。 10月の30では、サーキットブレーカーは通常どおりオフになりました。 その後は、セキュリティカメラ、火災警報センサー、およびその他のデバイスのみが電気的に操作されます。

調査筋によると、メインホールの電気配線にいくつかの火傷跡が見つかったという。

3階建ての西電ホール内に7台のセキュリティカメラが設置されましたが、電源はオフにされていました。

画像が誤った時間を表示していることに注目し、調査員は火災のためにカメラがオフになったか、火災前の西電のホールの電気的故障のためにカメラがオフになったかを判断しようとしている、と消息筋は述べた。

ソース: 朝日