エアガンで子供を撃った疑いの福岡カップル

夫と妻は昨年11月に息子にエアガンを発射した疑いで逮捕され、息子は肺感染症の翌月に死亡した。

福岡県警察によると、建設労働者の定慶正則と、妻であり、24歳で福岡県田川在住の愛は、虐待を否定している。

11月に6で逮捕されました。

警察は、彼の体が攻撃によるあざで覆われていたために、彼が体系的に虐待されたかどうかなど、赤ちゃんの死に至った状況を調査しています。

両親は、あざがどのようにそこにたどり着いたのかわからず、病気で亡くなった結賀で銃を発射したことはないと言いました。

警察は、彼らがライフル型のピストルで彼に発砲したと考えており、治癒には3週間かかる人身傷害を引き起こした。

それから彼は、12月の119hで緊急番号16に電話し、ユイガは息をしていないと言った。 病院に向かう途中、彼は心停止状態にあり、午前中に1の周りで死亡したと断言されました。

当時、アイは次のように言った。 あなたの心臓は鼓動を止めました。」

しかし、あなたの体には多くのウェルトが見つかりました。

定慶は、彼の3歳の息子がエアガンを発射したと述べた。 事件の警察の調査中に、いくつかの銃器が家から押収されました。

田川児童福祉センターによると、昨年1月、夫婦の長男を巻き込んだ虐待の疑いが、腫れた頬とともに報告された。 そこに、しかし、彼は壁と衝突したと述べた。 センターは、両親が怪我をしていないと判断したため、子供を一時的な監護権に連れて行かなかった。

エアガン事件の時、カップルは3の長男、三男、ユイガ、そして長女と暮らしていました。 次男は病気で亡くなりました。

センターでは、7月に生まれた長男、長女、次女を保護拘留しています。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.