マツバカニは鳥取で百万円で販売

松葉cは、木曜日に鳥取港で開催された最大の冬の珍味として、今シーズンの最初のオークションで記録的な5百万円で販売され、参加者の間で熱狂を巻き起こしました。

高級ブランド「五月干し」の認定を受けた松葉cは計5隻が港で降ろされました。 マツバガニは、鳥取県を含む日本海側の山陰地方で捕獲されたオスのカニの現地名です。

昨シーズンの松葉baの最初のオークションでは、最高価格は2ミリオンでした。 このカニは、ギネス世界記録によって「オークションで販売された最も高価なカニ」と認められました。

5百万円のカニは「おそらく新しい世界記録を樹立した」と鳥取県の漁業局の関係者は語った。 「ギネス認定の申請を検討します。」

買い手は鳥取市の魚小売業者である浜下兼正商店で、昨シーズンの最初のオークションで2百万円のカニの成功者でもありました。 「肉だらけで最高です」と49年の浜下哲二社長は語った。

魚小売業者が東京の銀座の高級地区にある日本食レストランからマツバニガニの注文を受け取ったことに気づいて、浜下は「最高価格で」オークションに勝つ決意であると言いました。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.