日本マイクロソフトでは、3日間の週末を経験しています。 生産性はほぼ40%増加します

80による政府の調査によると、日本は世界で最も長い労働時間を持っていることが知られており、日本企業の4分の1近くが以前は従業員に1か月あたり2016以上の残業を記録することを要求していました。 彼らは非常に時間がかかったので、日本は今年新しい法律を導入し、法定残業を月あたり45時間に制限した、とTelegraphは報告した。

マイクロソフトジャパンは、従業員に3日間の週末を実施することで従業員のワークライフバランスを改善することを期待する大胆な新しい戦略のおかげで、この傾向を打破するために取り組んでいます。

彼らは、会社が週の労働時間を短縮するにつれて生産性が向上することを発見しました-からの報告によると、日本は-7諸国の中で最も過負荷で生産性の低い労働力の1つであることを考えると驚くべき結果ですOECD Productivity Compendium Indicatorsのデータを使用したCNBC。

8月、同社はWork-Life Choice Challenge Summer 2019と呼ばれる「作業改革プロジェクト」を実施しました。 8月の1か月間、2.300の従業員は金曜日に休暇を取りました。

その結果、余分な日がなくても、企業内の生産性は39,9%増加したことがわかりました。

この研究では、生産性を向上させる重要な要因は、発生した変化の結果であることがわかりました。 4週間の週労働時間により、従業員は時間をより効率的に使用することを余儀なくされました。 エージェンシーによれば、会議の多くは、直接ではなく仮想会議にカット、短縮、または変更されました。

また、従業員は月の休業日を25,4%削減し、印刷ページ数を58,7%削減し、オフィスの電力消費を23,1%削減しました。

この戦略はすべての種類の仕事に有効というわけではありませんでしたが、ほとんどのマイクロソフトジャパンの従業員は新しいイニシアチブの強力な支持者でした。

代理店は、従業員の92,1%が8月のテストの終わりに週4日間の仕事を楽しんだと述べた。

このプログラムが成功したため、Microsoftは、来年の夏または将来の他の日にプログラムを再度実装する予定だと言います。

ソース: SoraNews24

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.