日本は代替の支払い方法を奨励していますが、高齢者からの抵抗に直面しています

日本ではお金が最も重要であり、日本の高齢者にとってはなおさらです。

世界で最も献身的なお金の蓄積者である日本人を増やすための安倍Shin三首相の動きは、キャッシュレス支払いへの切り替えはある程度成功しているが、望んでいるほどではない。 国内の退職した高齢者の数は増え続けており、これは日本がモバイルアプリや電子マネーの支払いを採用する際に隣国にさらに遅れをとることにつながる可能性があります。

東京は、労働生産性を高めるために、最終的にキャッシュレス購入の割合を40%と2025%の2倍にしたいと考えています。 日本は他の国に比べて見劣りがする-韓国での取引の80%と中国での96%が破綻している、日本支払協会の業界データを示しています。

デジタル取引の採用は、人口の減少と厳しい労働市場への日本の対処に役立ちます。 キャッシュレス支払いにより、店舗は売上の見積もりを自動化し、銀行は現金自動預け払い機のネットワークを削減できます。

政府が10月の1での消費税増税に伴う批判を減らすためのリベートプログラムを導入した後、買い手は最近、電子マネーと現金を交換するよう奨励されました。

バイヤーは、コンビニエンスストアや取引でキャッシュレス支払いを使用する場合、ポイントの形で払い戻しを受け取ります。

波に飛び乗る

大手テクノロジー企業は、ソフトバンクグループ、ヤフー、電子商取引会社メルカリ、メッセージングアプリケーションオペレーターLINE Corpなど、電子マネー決済システムを促進するための積極的なキャンペーンに対応しています。

いくつかは早期に成功しました。 SoftBankとYahoo Japanが共同所有するPayPay QRコード支払いアプリでは、政​​府のキャンペーンのおかげで、8月から5ミリオンの会員数が15ミリオンに増加しています。

東日本旅客鉄道は、9月以来100万人を超える11ミリオンに達する鉄道の電子決済システムへの順守も見ています。

東日本旅客鉄道のIT事業開発担当副部長であるyama山知之氏は、「顧客は電子決済の利便性の恩恵を受けながら、手数料を受け取り、コストを削減しています」と述べています。 「これは双方にとって有利な状況です。」

みずほフィナンシャルグループは、給与労働を含む現金取引に関連する直接費用は年間合計で約73,60 10億ドルと見積もっており、デジタルムーブメントがこれらの費用を大幅に削減することを示唆しています。

コンビニエンスストアチェーンオペレーターであるLawson Inc.の金融サービスおよびデジタルビジネス担当シニアバイスプレジデントである熊谷atは、キャッシュレス販売の支払いの割合が10月から25%に増加したと述べました。

「労働力不足と顧客の利便性向上の必要性のため、このような取引をすべて見ることが理想的です」と熊谷はロイターに語った。

「一方で、お金なしでは買い物が難しいと感じる高齢者を支援する方法を見つける必要があります。」

日本の世帯は、現金資産と預金の半分以上を保有しています。 この割合は高齢者とともに増加し、その一部は不必要な支出を避ける方法としてお金にしがみついています。

「誰もがお金が好きですね。」東京の65歳の女性に、キャッシュレス決済アプリケーションのバナーを見ながら尋ねました。

「私はそれに興味がありません。 携帯電話を紛失した場合、これに不快感を覚えます。 また、財布からお金を引き出すのに比べてどれだけ費やしたかもわかりません。」

多くの中小企業も、キャッシュレス支払いへの切り替えに苦労しています。

キャッシュレス補助金の対象とみなされるほぼ2百万の中小企業の半分未満は、機械の導入費用と高い取引手数料のために政府キャンペーンに記録されました。

犯罪率が低く、金利が非常に低く、ATMネットワークが全国的に魅力的であるため、人々はキャッシュレス支払いに切り替えるインセンティブをほとんど与えません。

ただし、商業銀行がATMを統合し、消費者の現金へのアクセスが減少するにつれて、この傾向は徐々に変化する可能性があります。

ソース: ロイター通信社

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.