日本は米国のパリ協定からの離脱を批判

パリの気候変動協定からの米国の撤退プロセスの開始は「非常に残念」であると、日本の環境大臣は火曜日に述べた。

「脱炭素社会の創造は差し迫った問題であり、米国の決定は非常に失望している」と小泉真二郎環境相は記者団に語った。

「トランプ大統領に決定を覆すよう促すことは不可能だろう」と小泉首相は語った。

また、菅義秀内閣官房長官は、国際社会全体が地球温暖化に直面しなければならないとして、米国からの離脱に失望を表明した。

「大阪でのG20サミットの宣言を考慮して、気候変動の問題に対処するために米国と協力する方法を模索する」と政府の最高報道官は記者会見で語った。

二酸化炭素の2番目に大きな排出国である米国は、月曜日に国連から撤退を正式に通知し、地球温暖化対策として歴史的協定から撤退する1年間のプロセスを開始したと述べました。

トランプは、12月にパリで開催された国連気候変動会議で採択された協定から脱却するという2017からの決定を発表しました。

6月、大阪の20エコノミーグループのリーダーは気候変動の抜け穴を残しました。米国はパリ協定から脱却する意向を改めて表明し、他のメンバーは完全な実施に向けて努力することを誓約しました。

1997京都議定書の後継であるパリ協定は、干ばつ、洪水、氷河の融解、海面上昇、地球温暖化の他の結果。

ソース: 経堂

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.