インドはRCEP諸国間の合意に反対

月曜日のバンコク郊外での会議で包括的グローバル経済パートナーシップを交渉した16諸国の首脳は、インドからの反対により、年末までに交渉の終了をあきらめました。中国

参加国は2020に対するRCEP署名作業を継続すると、安倍Shin三首相を含む首脳は会議で採択された共同声明で述べた。 しかし、インドが交渉から撤退する恐れがあるため、すべての16諸国間で合意に達するかどうかはまだ不明です。

この声明は、インドを除く15諸国が、知的財産権保護を含む投資やルールなどの「すべての20章のテキストベースの交渉」、および「本質的にすべての市場アクセスの問題」関税の削減と撤廃。

一方、声明では、「インドには未解決の重要な未解決の問題がある」と述べ、「RCEPのすべての参加国は、相互に満足できる方法でこれらの未解決の問題を解決するために協力する。 インドの最終決定は、これらの問題を十分に解決することにかかっています。 「

インドはまだ中国との関税削減・撤廃交渉を完了しておらず、中国製品がこれらの国を通じてインド市場に参入するのではないかと懸念して、他国とも交渉を続けています。

インドの外務省高官は、RCEPサミット後、記者会見で、RCEPに参加しないことは現時点で南アジアの国にとって正しい決定であると語った。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.