政府は他国の平和を維持するために訓練を強化します

政府は、2年以上にわたって自衛隊を国連の平和維持ミッションに派遣することができないままであるため、発展途上国の平和維持軍の訓練を強化しています。

近年、開発途上国の平和維持軍に対する政府の支援は、軍事工学部隊の重機の操作の訓練に焦点を合わせています。

先月、日本は初めて集中治療トレーニングを行いました。

当局は、自衛隊が2017の国連平和維持ミッションで最後の存在を失った後、国際平和への貢献を改善しようとしていると述べた。

今年の10月7と18の間に、陸上自衛隊はウガンダに2人のメンバーを派遣し、南スーダンなどの国連ミッション参加者にクリティカルケアトレーニングを提供する国連プログラムの講師を務めました。

100について平和維持軍は毎年世界中で死にます。 多くの人が負傷したり病気にかかったりして病院に行く途中で死んでしまうため、平和維持軍のクリティカルケア能力を改善することは緊急の課題です。

このプログラムは、アフリカ、アジア、南アメリカの26諸国からの10インターンを集めましたが、心肺蘇生法または止血に関する基本的な知識を持っている人はほとんどいませんでした。

近年、紛争地域の民間人を保護するなど、武力の使用を伴う平和維持ミッションが増加しています。

これにより、途上国の平和維持ミッションへの先進国の参加が減少する一方、開発途上国の適格ではない手持ち軍が増加している。

2017の5月に工学部隊が南スーダンから撤退して以来、自衛隊は国連平和維持ミッションに参加していません。

日本には、国連平和維持ミッションへの参加に関する厳しい規則があります。 具体的には、戦争当事者間の停戦協定を含む、5つの基準を満たさなければなりません。

そのため、同国は、平和維持活動以外の分野で支援を拡大しようとしています。

「ヘルスケアの需要は強い」とウガンダでの国連プログラムに参加した陸上自衛隊の草agi康義少佐は述べた。

ソース: ジジプレス