安倍と月が1年以上ぶりの会議を開く

安倍Shin三首相と韓国の文在in大統領は、1年以上にわたる最初の議論で、11月にASEANサミットの傍らで11で4議事録について話しました。

韓国の大統領閣僚のスポークスマンは、両首脳が二国間関係の重要性について合意し、対話による問題解決の原則を再確認したと述べた。

ムーンは、必要に応じて政府による高レベルの議論を行うことを提案し、安倍首相は「可能な限りあらゆる方法で問題を解決する方法を見つけるためにあらゆる努力をする」と述べた。

スポークスマンは、ASEAN加盟国および日本、中国、韓国の首脳との会談の開始直前に行われた会話は「非常に誠実で誠実な雰囲気に保たれた」と述べた。

日本の外務省も11月に4が2人のリーダーが会ったことを明らかにした。 ある関係者は、安倍首相は両国が直面している様々な二国間問題に関する日本の基本的な立場を伝えたと述べた。

11月3で開催された夕食会で、安倍と月も微笑んで握手しました。

2018の崩壊以来、韓国の最高裁判所は、韓国の元戦争労働者に補償金を支払うよう日本企業に命令する判決を出したため、二国間関係は悪化しました。 9月2018以降、安倍首相との会合は開催されておらず、韓国当局はASEANサミットの傍観でこの会合を求めていました。

サミットは、日韓間の軍事情報セキュリティに関する一般協定が終了する11月の23以前に、両首脳が会う最後の機会となる可能性があります。

安倍首相は元々、11月にチリで予定されているアジア太平洋経済協力サミットに出席する予定でしたが、南米の国の全般的な不安のために、チリの当局によってこの会議はキャンセルされました。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.