新幹線の「英語」の声はオーストラリアの歌手からです

東海道新幹線で東京と大阪を行き来したことがあるなら、オーストラリアの歌手声優のドナ・バークの声に乗って英語の発表を聞いたことがあるかもしれません。

そのメロディックなトーンは、2005以降、近くの駅への乗客に注意を促していますが、これらすべての年月が過ぎた後も新幹線でアナウンスされる声を聞くのを楽しみにしなければならなかった人は、バーク自身の母親でした。

しかし、数日前、バークが日本の新幹線で母親と一緒にいたという甘い反応のビデオを共有したとき、すべてが変わりました。東京駅から次の停車駅、品川への旅行バークの母親は、車内のスピーカーから娘の声を聞くだけで十分であり、バークはTwitterで「今日、母は今日初めて新幹線で私を聞いた」とコメントしました。

以下のビデオをご覧ください。

ビデオはバイラルになり、たった1日で約3の再生回数を記録しました。140.000のいいね!と44.000のリツイートがありました。 しかし、バークが新幹線で声を楽しんだのはこれが初めてではありません。彼の6月のTwitterアカウントからの次のビデオは、彼女が新幹線で自分を模倣していることを示しています。

母とのリアクションビデオへの非常に前向きな反応の後、バークは別の彼女と彼女の母親を共有しました。

電車に乗っている母と娘の瞬間のビデオは、Twitterで心に触れました。

「私が新幹線から旅行するたびに、私は英語の広告に夢中になり、今ではようやく声の背後にいる人物を見つけました。」

「あなたの声が大好きです。 とても美しいです!」

「お母さんと共有するなんて幸せな時間です!」

「あなたのお母さんも美しい声をしています!」

出典:ソラ・ニュース