n.15とn.19に見舞われた地域には、より多くのボランティアが必要だと政府は言います

政府は、台風15と19の被災地でボランティアをするために、現場での再建を加速することを望んで、より多くの人々を呼びかけています。

今年の15thは、主に9月に千葉県で、10月に東北地方中部で19に大きな被害をもたらしました。

ボランティアの数が少なくなるにつれて、ボランティアの数が減るにつれて懸念が高まります。

「できる限り多くの人々が休日を利用して参加することで、住宅をより早く建て直すことができると期待しています」と内閣官房長官は語った。

内閣調査によると、110県の14市町村の社会福祉協議会は、10月末までボランティアセンターを開設しました。

72.000について人々はボランティア活動に参加し、家から泥を取り除き、救援物資を避難所に運び、緊急の食事サービスを提供しました。

ただし、2つの強い台風の影響を受ける地域は広大です。

「ボランティア活動の速い地域と、ボランティア不足に苦しんでいる人々との間の違いは大きい」と当局者は述べた。

東京では、政府が火曜日にボランティアと会議を開き、情報を共有しました。

会議では、福島県いわき市と宮城県丸森市で働いていたボランティアが、市町村にボランティアがいないと報告し、どちらも洪水に見舞われた。

「簡単に評価できるエリアとは対照的に、エリアには十分なボランティアがいませんでした。 被災者はまだ家を掃除する仕事に圧倒されている」とボランティアは言った。

長野の大洪水都市では、市政府は地元住民、ボランティア、自衛隊のメンバーと協力して災害の除去に取り組んでいます。

住民とボランティアは、各地区で収集された廃棄物を公園などの収集基地に輸送し、そこから自衛隊の職員が地区から廃棄物を除去します。

市政府は、土曜日から始まる3日間の休暇中に、イニシアチブのために1日あたり最大2.500のボランティアを集めることを意図していました。

内閣は、他の分野でも同様の動きが開始されることを期待しています。

金曜日、武田良太災害管理大臣は、「被災地の早期復興には、ボランティアと地方自治体の協力が重要です」と述べました。

中央政府は、企業が従業員がボランティア活動に別れを告げることができるようにするための措置を講じるよう、企業グループに求めています。

ソース: ジジプレス