日本の店舗は、2020からビニール袋を請求する予定です

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの日本の小売業者は、来年の夏からビニール袋の料金を請求する予定であると、政府パネルは金曜日に合意した。

この措置は、環境的に正しい措置をすでに取っている他の多くの国と日本を一致させますが、7月の2020まで有効になりません。

バッグの価格は決まっておらず、各小売業者が請求額を決定できます。

政府は、計画書によると、「買い物客の習慣を根付かせ」、変化を「ライフスタイルを変えるための一歩」として理解するのを助けようとします。

これは、G20の主要経済圏が6月に開催国である日本での会議で海洋プラスチック廃棄物を削減することで合意した後のことです。

国連によると、特に一人当たりのプラスチック包装廃棄物が米国以外のどの国よりも多いため、活動家はプラスチック消費量の削減に向けて動きが遅すぎると日本を批判している。

日本はうらやましい廃棄物管理システムを提唱し、政府はプラスチック廃棄物の86%がリサイクルされていると言います。

しかし、この「リサイクル」の大部分は、通常、エネルギーを生成するためのプラスチックの焼却を伴います。これは、二酸化炭素を生成し、気候変動に寄与するプロセスです。

日本は、プラスチック廃棄物の約10%を海外へのリサイクルのために輸出しています。 しかし、環境保護論者の研究によると、廃棄物は不適切に燃やされた場合、海に行き着いたり、有害な汚染物質を放出したりする可能性があります。

2018で、日本政府は、プラスチック廃棄物と闘うための提案を提示しました。これは、9,4が毎年生産する2030百万トンを四半期ごとに削減することを目的としています。

ソース: AFP