沖縄県知事の悲劇が首里城の再建に動いた後

沖縄のシンボルである首里城を破壊した火は、木曜日(13)に30h31で消火されました。

火はメインの宮殿で始まり、他の6設備に広がりました。 それは、北と南の宮殿、そして黄金のもの、松陰とandの間だけでなく、隣接するものも完全に破壊し、7を破壊しました。

53消防トラックユニットが動員され、137消防隊が絶滅のために働きました。 地元の新聞main球新報によると、火災は本宮の内部で始まっていたはずですが、原因はまだ不明です。

センサーが2h34の温度変化を報告したとき、監視員は急いでチェックし、煙がすでに宮殿を支配していた。 消防士によると、宮殿の3フロア内にはスプリンクラーはありませんでした。

州警察​​は、防犯カメラの画像を慎重に分析しています。

損失の億円。

11時間続いた火災(R球新報)

沖縄書記局によると、首里城の破壊による被害額は約7,3億円でした。 メイン城では約3,3億、北および南では約2,1億、その他では約1,9億円と推定されています。

城は閉鎖され、イベントはキャンセルされました
木曜日から、城エリアへの入り口は訪問のために閉鎖されています。 2と3の毎年恒例の祭典と今後のイベントはキャンセルされました。

沖縄には三山と呼ばれる期間があり、3の政治グループ-北山、中山、南山が共存していました。 玉城王の治世中に始まり、橋翔が島を統一し、首里城の現在の場所に治世を移したときに1429で終了しました。

それ以来、5は戦争を含む火災に見舞われました。 1992では、主な施設が復元されました。 2000では、遺跡と城全体が世界文化遺産に登録されました。 貴重な文化財は火事により破壊されたと考えられています。

人と当局が復興に向けて集結
デニー・タマキ知事と那覇市長の白間美紀子市長が同日訪問した。

日本の文化庁も木曜日に文化遺産の被害を調査するためにスタッフを派遣しました。 産経新聞の情報筋によると、ユネスコは遺跡が残っているため登録を取り消すことはできないが、報告書は検討のために送られているため、宣言を待つ必要がある。

悲劇の日に、地方自治体は地元住民や部外者から多くのメッセージを受け取り、彼らが貢献できるように前線を開くよう求めました。

デニー州知事とその地域と遺産を所有する国の政府は、復興のために動員します。 損失に対する市民のショックに対応して、彼らは最優先事項を与えます。 ソーシャルネットワークを通じて、州と国の人口は、自発的な貢献の気持ちを示して、回復に歓声を送ってきました。

kyu球新報が制作したビデオで悲劇のシーンをご覧ください。

出典:R球新報、中日、産経、沖縄タイムス