薬師寺は特別公演を開始し、訪問のために内部を開きます

世界遺産に登録されている薬師寺では、11月の30まで特別なパフォーマンスを行うために、直堂ダイニングルーム、斎藤タワー、玄jo山蔵院Gar藍ルームを一般公開しています。

修道士が霊的な儀式を食べて行う儀式堂の中には、阿弥ida三尊浄土津があります。これは、三大仏の6平方メートルの絵です。 食堂は2017で再構築されました。

アートワークは、日本の仏教の紹介と寺院の設立を詳述する一連の50メートルの壁画に囲まれています。

すべては、有名な日本の画家平山ku夫の弟子である田uchi敏夫の作品です。

「アミダサンゾン浄土津は刺激的で、鮮やかな色がとてもきれいでした。 また、壁画も見事でした」と、札幌を訪れた53の高橋牧子事務局長は言いました。

サイトウタワーでは、仏の人生の8つのフェーズのうち最後の4つを描いた「シャカハソ」と呼ばれる銅像を見ることができます。

玄jo三蔵院Gar蘭館には、玄jo三蔵僧の像と「西部の大唐」という平山の壁画が展示されています。

直道、斉藤、玄jo三蔵院ガランへのアクセスを提供する特別チケット、および一般的にオープンしている白hoガランラウンジは、大人の場合は1.600(US $ 14,74)かかります。

ソース: 朝日