東京駅でミニオフィスが人気に

鉄道事業者や他の会社は、東京オリンピックとパラリンピックの期間中に観光客数を増やすために計画された構想で、オフィスの外で働きたい人のために駅に防音室を導入しました。

これらのスペースのうち2つは、10月の1に、東京の世田谷区にある小田急線の共同駅の興行所の後ろに設置されました。

1,2×1,2×2,3メーターを測定するスペースには、テーブル、ソファ、USB充電器が装備されています。 上部が覆われ、壁が防音であるため、ユーザーは傍受されることを心配せずに電話で顧客や他の人と話すことができます。

1º10月に小田急線共同駅に設置された個人用テレキューブワークスペースには、ソケットと防音壁が装備されています。 (写真:朝日/高橋直之)

サービスの利用を希望する場合は、専用のWebサイトに登録して、QRコードを使用してスマートフォンで開くことができる場所を使用する時間を予約する必要があります。

価格は250分の2,30円($ 15)から始まります。

28 10月に首都の町田駅でも同様のサービスが開始されました。

西武鉄道は9月から、東京のすぐ外にある埼玉県の所沢駅と首都新宿の高田馬場駅にも作業ブースを設置しました。

東京に本拠を置くTelecube Servicesの親会社であるV-Cube Inc.は、法人顧客向けのリモートオンライン会議システムを提供しています。

同社の会長である下田直明氏は、プライバシーを気にせずに電話やインターネットの機密会話を行うことができる個人スペースはほとんどないと感じていたため、V-Cubeはオフィス家具メーカーとの特別ブースの開発に1年を費やしました。岡村製作所 横浜で。

昨年11月にV-Cubeと東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が東京、新宿、品川の各駅で無料試運転を開始したとき、予想以上の反応がありました。

横須賀と総武の乗客のために東京JR駅に設置されたパーソナルステーションブースのワークスペース。 (東日本旅客鉄道株式会社提供)

忙しい時間率は、8か月のテスト期間中のすべての稼働時間の50%を超えましたが、個人のスペースは、高校生の勉強、女性の固定など、予想外の方法でも使用されましたメイクアップと女性ユーザーがスマートフォンで英会話クラスを受講しています。

関係者によると、8月にサービスが使用料の請求を開始した後も、ブースの人気は高いままです。

一方、三菱地所は、秋に首都丸の内地区にあるオフィスビルの1階にあるブースをテストした後、昨年の夏、大規模なV-Cubeとの共同プログラムを開始しました。過去およびそのようなサービスが必要であることを確認しました。

首都圏の駅、オフィスビル、その他の場所の47ロケーションに、合計16 V-Cubeワークブースが導入されました。

ソース: 朝日