400以上の首里城の宝物が破壊され、財団が発見

fire球王国の貴重な1.500の宝物(1429-1879)の状態は、沖縄の首里城内の多くの建造物が火災により破壊された後も不明のままです。

沖縄美ら島財団は、そのコレクションは城に保管され、約1.000のアイテムは南電サロンの耐火保管施設とユインチと呼ばれる建物に保管されていると述べました。 これらの記事には、「白Hの図」という絵と、沖縄政府が文化財に指定した2つの項目が含まれていました。

しかし、南電および近隣の構造物が広範囲に破壊されたため、貯蔵施設はアクセス不能のままであるため、財団はまだ自信を持って確認することができていません。

財団は、火災貯蔵施設の外に保管されていた、または城に展示されていた400以上のアーティファクトが破壊された可能性が高いと考えています。

これらの作品には、王座のような座席と額装された標語のレプリカが含まれており、これらは西電の本堂に展示されていました。

財団によれば、南電ホールとクガニウドゥンホールのショールームに展示されていた35個の18と19のセレモニーも失われた可能性があります。

これらのアイテムは通常在庫がありますが、300の沖縄の伝統舞踊の記念日を示すために展示されました。

ソース: 朝日