日本は各F-4A飛行機に35億円を追加で支払った

国防省は、米国政府がF-4A密猟に支払う金額よりも37億円(35百万米ドル)を支払いました。これは、一部には国内メーカーが生産に関与しているという日本政府の主張があり、監査機関による調査を完了した

この組織は、米国政府の対外軍事販売(FMS)プログラムの下で日本の防衛機器の買収を研究しており、防衛省は米国から軍事機器を直接購入することができます。

FMSによるF-35A、オスプレイ輸送機、Aegisミサイル防衛システム、E-2D航空機を含む防衛機器の購入費用は、388,2年度に合計2017億円でした。研究で。 それに比べて、日本の2013に対する軍事費は111,7億円でした。

理事会の調査結果は、10月の18ダイエットに報告されました。

調査のために、監査役会は日本と米国で購入したF-35Aの価格を比較しました。

単一の航空機の価格は、日米間の契約に基づいて計算されました。

日本が35会計年度で終了するF-2012Aを買収したとき、価格は実勢為替レートに基づいて9,77億円、またはワシントンが購入したものよりも1,03億円高くなりました。

会計年度2013で、日本のメーカーである三菱重工業株式会社、IHI Corp. 三菱電機株式会社 生産に参加し、両国の価格差は約4,6億円に上昇しました。

差異は、会計年度3,88で2014億円、会計年度4,76で2015億円でした。

監査役会は、米国側が、航空機の仕様の違い、開発コストへの参加、および航空機の組み立てと検査を含む日本企業の参加の違いに起因すると述べました。

米国側は、日本企業の生産シェアが価格を引き上げたと説明した。これらの企業は米国の戦闘機と比較して戦闘機の建造経験が限られており、そのため急勾配で高価な学習曲線をもたらした。

国防省は、F-35Aの共同生産は、日本のメーカーが戦闘機の製造と運用に必要な技術の開発を支援することを意図していると述べました。

内閣は、2012 F-42Aの買収とともに、35での共同生産プログラムを承認しました。

同省は、購入価格の上昇をカバーする支出の増加は、戦闘機技術の開発を目的として正当化されたと述べた。

政府は、製造業者がF-146,5Aの建設に必要な施設の建設を支援するために35億円を費やしました。

しかし、今年度、政府は共同生産プロジェクトを終了し、完成したF-35Aの購入を開始しました。

2018の8月、防衛省は、6機のF-35Aを合計91,6億円、または航空機1機あたり15,2億円で取得する予算計画との共同プロジェクトを継続する予定でした。

この変更により、6機の購入額は68,1億円、または1機あたり11,3億円になりました。 これは、23,5億円の経済全体を表しています。

F-35Aの購入ポリシーの変更については、政府が昨年追加の105 F-35Aの購入を決定したため、同省は最も安い航空機を購入する必要があると述べました。

しかし、それはまた、日本企業のための共同生産プログラムの利点を強調しました。

「30航空機の製造を手伝った後、彼らはより経験豊富になりました」と省庁関係者は語った。 「彼らはまだ航空機のメンテナンスに関与しています。」

監査役会は、FMS取引の総購入費用の1,2%を請求する契約管理手数料の免除を取得するために、米国との交渉を開始することを検討するよう、省に要請しました。

韓国および米国の他の同盟国は、ワシントンとの会談を行った後、この支払いを免除されています。

ソース: 朝日