日本は科学の卒業生が最も少ない国だとOECDは言う

43諸国を含む経済協力開発機構(OECD)が実施した調査によると、日本には、修士または博士号を持つ科学部門を卒業する女性の割合が最も低くなっています。

日本の男性と女性の学生は、15から16年の学生を対象とするOECDの国際学生評価プログラム(PISA)で科学と数学で上位にランクされています。

ただし、組織のEducation at a Glance 2019レポートによると、科学関連分野の大学院に通う女子学生はほとんどいません。

この調査では、23の日本の自然科学、数学、統計学の修士号の21%と博士号の2017%のみが女性であることが判明しました。

2番目から2番目はルクセンブルクで、女性は修士号の41%を、韓国は博士号の36%を表しています。

ポーランドは74%で、ラトビアは68%で、修士と博士課程の卒業生のリストのトップです。 OECDの平均は、修士課程では54%、博士課程では46%でした。

「女性の割合が低いことは、4気筒エンジンで2気筒を使用することと比較でき、社会の可能性を失います」とOECD教育・技術局のアンドレアス・シュライヒャー所長は述べています。 「女性のエンジニアや研究者向けのモデルはほとんどなく、おそらく男性優位の仕事のコミュニティになります。」

また、女性は、日本の23の学士課程、修士課程、博士課程の教育労働力の2017%のみを占めています。 韓国は33%でした。 リトアニアの57%がリストの最高位でした。

報告書によると、日本は、国内総生産(GDP)の2,9%に相当する公的資金を、小学校から大学、2016の大学院生までの教育機関に投資しています。

日本は、2016まで、比較可能な統計が入手可能な35諸国の中で、3年間最低のランキングを維持しました。

ノルウェーは、GDPの6,3%を最も高い割合で教育機関に費やし、フィンランドは5,4%で、アイスランドとベルギーは5,3%です。 OECD平均はGDPの4,0%でした。

高等教育への公的支出は日本のGDPの0,4%を占めており、OECD平均の0,9%の半分未満です。

ソース: 朝日